« なるほど、こりゃあ強い! | トップページ | アゲハと天敵 »

飛燕草

今日は22.5℃まで気温が上がり、
ここ数日よりは日射しの分だけ寒さを感じませんでした。
でも、朝の最低気温はなんと7℃。これはちょっと低過ぎですね。
これではまだ、ランを戸外栽培に移せません。

今日、昨年の秋から大事に苗を育てて来たヒエンソウが咲き始めました。
このヒエンソウ、よく見かけるタイプではありますが、
ちょっと入手に苦労しました。
園芸品種ではなく、確実な原種の種子がなかなか手に入らなかったのです。
和名はヒエンソウ(飛燕草)、
学名はコンソリダ・アジャシス(Consolida ajacis)ですが、
和名も学名もこの仲間には多少の混乱があって、学名は
コンソリダ・アンビグア(Consolida ambigua)とされる事もあります。
もっとも以前はデルフィニウム属とされていて、その時は
デルフィニウム・アジャシス(Delphinium ajacis)という学名でした。

和名の方も、従来ヒエンソウと呼ばれていたものには
現在のデルフィニウム属とコンソリダ属の両方が含まれていましたが、
現在ではデルフィニウム属をオオバナヒエンソウ(オオヒエンソウ)、
コンソリダ属をヒエンソウと整理しているようです。
コンソリダ属にはこの他にもチドリソウという和名が存在し、
元々はデルフィニウム属とコンソリダ属をまとめたもののうち、
園芸的に多年草として扱われるものをヒエンソウ、
秋播き一年草として扱われるものを
チドリソウと呼んで区別したのだとか・・・
うう〜ん、わかりやすく書きたかったのだけどやっぱりややこしい(笑)

まあとにかく、原種のコンソリダ・アジャシスを育ててみた訳です。
この仲間にはピンクや白、水色などのカラーバリエーションがありますが、
一番惹かれる色はやっぱり独特の冴えを見せるコバルトブルー。
でも暖かい地域で育てるとこの色がなかなかうまく出なくて苦労します。
昨年も高温のため赤紫が滲んで出て来てしまい、
本来のコバルトブルーが咲いてくれなかったのですが、
今年はここまでの異常低温の影響でまあまあ上手く色が出てくれました。
寒くてよかったのは、シプリペディウムが楽勝栽培できることと
このブルーが見られたこと位でしょうか(笑)

ちなみにこの花を植えてある場所は、玄関前のモミの木が植えられた
ロックサークルの中で、ここは春先のシラー、ムスカリからスタートして
なるべく青い花をリレーで咲かせる場所にしてみたいと思っています。
リレーの選手選びが結構難しくて、また楽しいのです。

Hiensou

|

« なるほど、こりゃあ強い! | トップページ | アゲハと天敵 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

こっちもまだまだ冷え込みに気を付けねばなりません。
ここ数日は霜注意報が出ています。
まぁ、ご存知のように蘭たちは通年屋内ですがね…野菜を。

昨年の「種から茄子」に続き、今年は「種から胡瓜」に挑戦中(笑)無謀(笑)無謀(笑)
現在…本葉が大きくなり始めたところ…のチビ苗(笑;)
茄子よりやっぱり苦戦の気配です。
プランターを霜の心配が無くなるまで、朝と晩に玄関と庭先の往復です。

ぐりおさん、今年…家庭菜園は?

投稿: 太郎 | 2010年6月 1日 (火) 09時23分

太郎さんの方とは直接比較にならないですが、
こちらで6月の声を聞いているのにまだ
最低気温が10℃割れなんて、フツーあり得ないっすよ。

キュウリは収穫期が長いですから様子を見ながら
多少なら栽培修正がきくんじゃないですか?

うちの方は例の低温続きで出遅れました。
息子が昨秋からつくっている苺は収穫できています。なんとかね(笑)
ナスと昨年から引き続きトウガラシはやるつもりですが、
当初やりたかったトマトはやりそびれそうです。

投稿: ぐりお | 2010年6月 2日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/34984116

この記事へのトラックバック一覧です: 飛燕草:

« なるほど、こりゃあ強い! | トップページ | アゲハと天敵 »