« 葉上の小さな宝石 | トップページ | 大健闘・・・だと思う »

ゼニタナゴの稚魚2010

今日はまたくわっと暑くなっちゃって・・・28℃行きました。
梅雨の晴れ間というにはまだ早い感じですが、日射しがキツかったですね。

今日の写真は今年生まれたゼニタナゴの稚魚なんですが、
ちょっとわかりにくいでしょうか?
けっこう沢山写っています。30匹以上は見えると思います。
なにぶん池なので浮上した全数を正確に把握できないのですが、
50匹以上はいるようです。

5月の23日に書いた通り、今年はちょっと残念なトラブルがあったのですが、
それでも池に残った貝から去年並みの浮上があったので、
本当に救われました。
浮上から一ヶ月余り、稚魚は12〜13ミリほどになりました。
ジュンサイ等に付いた藻類を食べながら順調に大きくなっています。
ジュンサイの葉影から体の後ろ半分が覗いている魚は
モツゴ(クチボソ)のメスの成魚です。
くらべてみると、まだまだチビ助なのがわかると思います。

あと3ヶ月ほどで、昨年生まれた沢山のゼニタナゴが産卵期に入ります。
今年生まれの稚魚も特に成長が早い個体に限っては、
繁殖に参加するかもしれません。昨年もそうでしたから・・・
積極的に殖すのであれば、今池にいるドブガイだけでは
産卵母貝が足りないはずです。
㈳霞ケ浦市民協会の在来魚プロジェクトのメンバーと相談しながら、
ドブガイの補充と池のセキュリティの追加を検討してみたいと思っています。

Zeni_chigyo100615

|

« 葉上の小さな宝石 | トップページ | 大健闘・・・だと思う »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
もう水元公園の小合溜にはタナゴはいないそうです。貝がいないのも原因かもしれませんが、外来魚がたくさんいて食われてしまったんだと思います。トノサマガエルもいないそうです。お父さんが小さい頃は、両方ともたくさんいたらしいです。
トノサマガエルは「吐き出し法」と言う調査の仕方で食べているものを調べたら、クモ、ヤスデ、ムカデがたくさん出て来たそうです。
ウシガエルはカブトムシまで食べてしまうなんて凄いですね。
そう言えば、琵琶湖の里山の山親父(クヌギの老木)の主はウシガエルだそうです。NHKの番組でやってました。カブトムシ食ってるのかもしれません。

投稿: かぶと小僧 | 2010年6月16日 (水) 20時11分

かぶと小僧さんこんばんは!
やはり今の水元公園ではタナゴ類は見られなくなっているのですね。
想像でテキトーなこと言っちゃいますけど、昔は隅田川などでも
ミヤコタナゴが多数生息していたそうですから、
きっとそこにも住んでいたのではないでしょうか?
ミヤコタナゴのミヤコは「都」すなはち東京を指すのだそうですからね・・・

里山のクヌギの主がヒキガエルではなくウシガエルなのですか?
・・・本当ですか?
ウシガエルって、新天地を求めて移動する時以外は
水辺をあまり離れないカエルだと思っていたので、それはビックリですね!

投稿: ぐりお | 2010年6月16日 (水) 23時40分

おはようございます。
そう言われてみれば…ヒキガエルだったような気もします(冷汗)。
ウシガエルは水辺ですよね。記憶違いかもしれません。

投稿: かぶと小僧 | 2010年6月17日 (木) 07時03分

かぶと小僧さん
まあ、番組をハッキリみた訳ではないので
私も一般的な意見で言いましたけど、クヌギの主ではおそらく
ヒキガエルではないかと・・・

話は違いますが多くの人の間で、ヒキガエルとウシガエルが
混同されている事が多いですね。
特にヒキガエルにはその名前以上に知名度が高い「ガマガエル」という
別名があるじゃないですか。これでまた話がややこしくなります。
よく「あのブォーンブォーンって鳴いてるのがガマでしょ」とか
「ガマガエルとヒキガエル・・・食用ガエルってどっちだっけ?」とか・・・
そう!ウシガエルにもショクヨウガエルという別名があるので
もうめちゃめちゃです。
私が子供のころ学校の先生に「あれはトノサマガエルだよ」と教わったのは
今日ではトウキョウダルマガエルだし〜(笑)
とにかくカエルはややこしい俗説が多くて、正しい種名が
知られにくい状態です。

投稿: ぐりお | 2010年6月17日 (木) 19時26分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
やっぱりヒキガエルですね。間違いました。ヒキガエルもカブトムシ食べますか?
うちのお父さんに聞いたのですが、お父さんが小さい頃の隅田川はもう完全にどぶ川だったそうです。魚の住めるような状態ではなかったと言ってました。タナゴがいたのはもっと以前のことなのかもしれません。
つながりの話を2つ聞いたので書きます。お父さんは隅田川の台東区側で育ったそうですが、その反対岸に「こととい団子」と言う名物があるらしいんですが、そこにはヒヌマイトトンボ採集の地と説明した看板があるそうです。隅田川の水を引いた池がいくつかあるそうなので、そこで採集できたのではないかと言ってました。
もう1つは、お父さんが小学生の時、上野動物園のトドがしのばずの池に脱走して大騒ぎになったことがあったそうです。数日して隅田川で捕獲されたそうです。上野動物園と隅田川はつながってるんですね。

投稿: かぶと小僧 | 2010年6月17日 (木) 19時54分

こととい団子=言問団子と書くそうです。将軍吉宗が川遊びの時に、鳥の名前を問うたからその辺一帯をを言問いと言うそうです。

しのばずの池=不忍池と書くそうです。観音様があって、昔は水族館があったそうですが、今は爬虫類・両生類館になっているそうです。

投稿: かぶと小僧 | 2010年6月17日 (木) 20時06分

かぶと小僧さん
いろいろと面白い話を有り難うございます。
隅田川の水系にミヤコタナゴが普通に見られたのは
戦前のことのようですよ。
言問橋という橋がありますが、あれは私がバイクで東京に通勤する際の
重要な通過点でした。あそこを7時何分に通過するかで
遅刻かどうかの目安にするんです。
普段は電車通勤だったので、たまにバイクで行くときは緊張しました(笑)
言問橋の近くには私の高校時代の恩師の家があったり
うちの奥さんのお母さんの実家があったりと、なじみ深いところです。
爬虫類・両生類館もそうだと思うのですが、
以外とかくれた見所が満載の地域ですよね。

トドの話は知りませんでした。ウケてしまいました!

投稿: ぐりお | 2010年6月18日 (金) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35282683

この記事へのトラックバック一覧です: ゼニタナゴの稚魚2010:

« 葉上の小さな宝石 | トップページ | 大健闘・・・だと思う »