« 野バラのフィナーレ | トップページ | 夏の花へ »

負け組じゃない

今日は基本的に曇りのち晴れだったのですが、とても不安定で
朝のうちは雨が残り、その後時々降ったりパッと晴れたり・・・
午後3時以降は概ね晴れました。
気温は最低/最高がそれぞれ18℃/27℃でしたが、湿度が高いため
気温以上に蒸し暑く感じました。まあ、この時期らしいのかな。

写真は今やすっかり見慣れた庭の住人、ヘイケボタルです。
見慣れたと言ってもそれは夜の姿で、昼間にこの虫を確認できるのは
案外まれです。このため当ブログに登場するのはこれが初めてですね。
撮影個体は落ち葉の裏に潜んでいたものですが、
お尻隠して頭隠さず・・・
ピンク色の前胸部が覗いていたので見つかりました(笑)
昼間は光を放つお尻よりも、目立つピンク色を隠した方がよさそうです。

体も光の強さも勝るゲンジボタルの方を、勝ち組の源氏にたとえ
それに対して小さいので負け組の平家が本種に付いた訳ですが、
両種とも見られる豊かな環境で、自然度が低下する様な自体に見舞われた際、
決まって先に姿を消してしまうのは、じつはゲンジボタルの方です。

ですから都市近郊の里山に残っているホタルのほとんどはヘイケボタル。
東北や北陸をはじめ、都市部でゲンジボタルが見られるところもありますが、
こういった場所は水質の良い少し大きめの河川で
蛹を作ったり産卵したりといった場所が充分にある場合か、
きれいな湧き水を水源とする沢と自然の岸辺がある場所に限られます。
どちらも、幼虫時代のエサであるカワニナの生息も必要条件いえます。

ヘイケボタルは、肥料を入れ富栄養な水質な上に、
浅く流れがほとんどないので日中の水温が上昇する水田の中でも
幼虫が育ちます。
幼虫時代のエサもカワニナに限らず、マルタニシ、ヒメタニシ、
モノアラガイなどまれ含まれ、許容条件が緩くなっています。
このため、里山の風情が残る近郊の水田環境でも、
まだまだ見る事が出来るのです。

環境悪化への耐性では、圧倒的にヘイケボタルの方に軍配が上がりますが、
それでも、蛹になるための上陸が可能な水辺や
アメリカザリガニなどの密度が高く、補食されてしまうところでは
生息は難しくなってしまいます。
もっとも、昨今ヘイケボタルにとって一番の脅威は、
交信手段である光を消してしまう「今どきの田舎の明るい夜」ですけどね。

Heikebotaru100618

|

« 野バラのフィナーレ | トップページ | 夏の花へ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
ホタルのヘイケとゲンジの意味、初めて知りました。そう言う考え方だったんですね。
僕は多分ヘイケしか見たことがないと思います。三郷公園でもタニシでヘイケボタルを増やそうとしている会があって活動していますが、光って飛んだ話は聞いたことがありません。
あの、今日レポートを博物館に提出することができました。ありがとうございました。先生にも送りました。暇な時に読んで下さい。

投稿: かぶと小僧 | 2010年6月20日 (日) 22時09分

かぶと小僧さんこんばんは。
お疲れさまでした!レポートの到着を楽しみにしています。

ゲンジボタルは一見の価値がありますよ。
茨城でも山間に出掛ければまだまだ見れますのでぜひ観察してみて下さい。
光の大きさ、明るさ、明滅の速度や飛び方が
ヘイケボタルとは異なります。

私も多少関わっている筑波山麓すそみの田んぼで、7月3日に
ホタルの観察会があるようです。
私もいけそうだったら出掛けてみたいと思っているんですけどね。
田んぼの会員だけのスペシャル行事ですが、
もし行きたいようなら私の枠でお願いしてあげます。
よ。多分大丈夫だと思います。

その近辺では他にもホタルが見られるところがありますから
この日都合が悪くても場所は教えてあげられます。

投稿: ぐりお | 2010年6月20日 (日) 23時39分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。

ゲンジボタル見てみたいです。でも7月3日は、午前中から昼過ぎまで博物館で「トンボ博士になろう」の助手をすることになっています。それで夜は出稽古です。先週、昇段試験に合格して初段になりました。金曜日と土曜日の夜は剣友会の練習にどんどん出稽古に出ることになりました。負けたくない人がいるので…。
もし教えて頂けるならば、場所を教えて下さい。場所は絶対に極秘にします。静かにマナーを守って観察します。採集も絶対にしません。約束します。お願いします。

先生、今朝学校に行く時、遊歩道のU字溝に1メートルくらいのアオダイショウがいました。尻尾を振っていました。すぐに妹を呼びに行って見せてやりました。捕まえようと思ったのですが、部活に遅れそうだったのでやめました。妹は珍しく手を出しませんでした。深い溝に屈むのが面倒だったようです。地面にいたら間違いなくムギュッと鷲掴みされてたと思います。捕まえてもうちはお父さんが怖がるから飼えないんですよ。

投稿: かぶと小僧 | 2010年6月21日 (月) 20時21分

かぶと小僧さんこんばんは。
相変わらず超多忙で頑張ってますね。
ホタル観察の場所は何らかの方法で連絡します。
地区の人たちもパトロールしたりして採集が出来る場所ではありませんし、
それなりに見に来る人もいますので、
とても網を振り回す雰囲気ではありません(笑)

アオダイショウ、うちの庭にも1匹居着いています。
一昨年にはチビでデッキに干していた子供の上履きの中に入って
寝ていたりし、ビックリした事もありますが、今では池の周りのアイドルです(笑)
時々姿を見せ、池で泳ぐ事もあります。やっと70〜80センチになったかなあ・・・

投稿: ぐりお | 2010年6月22日 (火) 00時33分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。

ホタルのことお願いします。明日、ハガキにFAX番号を書いて送るので、それでいかがでしょうか?

庭にアオダイショウがいるんですね。うちはカナヘビはいるけど、アオダイショウだとお父さんは帰れません(笑)。生き物は苦手ですから。
今日は剣道の大会でした。団体戦で1回戦負けでした。隣の吉川市が強いんです。明日は個人戦です。

投稿: かぶと小僧 | 2010年6月22日 (火) 19時40分

かぶと小僧さん
ホタルの件了解です。
ちなみに、このブログにコメントを下さる時に、最初に出てくるフォームに
メールアドレスを書くランがあるでしょう。
あそこに記入してもらえれば、アドレスそのものは非表示なので安心です。
そしたらメールに地図を添付しても送れますよ。

個人戦頑張れーっ!!!

投稿: ぐりお | 2010年6月23日 (水) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35367402

この記事へのトラックバック一覧です: 負け組じゃない:

« 野バラのフィナーレ | トップページ | 夏の花へ »