« 子羊誕生! | トップページ | 世界は広い! »

ジュンサイ満開

梅雨の中休み・・・っていうか、中休みの方が多いんじゃないですかね(笑)
九州南部は豪雨が続いて大変だというのに、こちらはやや空梅雨気味です。
完全に空梅雨とも言えないのですよね。
梅雨晴れの中休みにババッと降る・・・みたいな陽性梅雨です。

写真は池のジュンサイ。今ちょうど満開です。
こんな地味な花でも満開となるとそれなりの存在感で、
水面から立ち上がる様に花を咲かせる様子は
上からではさほどボリュームを感じませんが
横から見るととても賑やかです。

花を見ていると、コハナバチの仲間やマメヒラタアブなんかが
けっこう来ているんです。これでも立派な虫媒花です。

そういえば、水生植物の多くは
水域で生活していても花は空気中に出しますね。
イネ科やカヤツリグサ科、アマモなど
風や水流で花粉を運ぶ一部の例外以外は、殆どが虫媒花だということです。
水面に葉の一枚も出さない沈水植物のフサジュンサイやオオカナダモでさえ
花は空中で開きます。
注目すべきは、水中生活に特化した水生昆虫なるものがいるにもかかわらず、
彼等の中にポリネーターが存在しないという事。
ポリネーターがいないから水生植物が水中で花を咲かせないのか、
水中に花が咲かないから水生昆虫の中に
ポリネーターが存在しないのかわかりませんが、
昆虫と植物は水の中ではそういう契約を結ばなかったようです。

もしも・・・もしも水中に美しいお花畑が存在したら、
マンタよろしく水中を優雅に羽ばたくチョウがいたのでしょうか?
水底に一大構造物をこしらえて社会生活を営む
水中ハナバチがいたのでしょうか?
いや、ひょっとすると花の蜜を集めて回る
魚類やエビが登場したかもしれません。

植物が花をつけることは、昆虫をはじめ陸上生物の多くに
生活史の多様性を生み出しました。
これが水の中で展開されたらどうなっただろうと考えると、
ワクワクする様な景色が頭の中に広がって来て・・・かなり楽しいです。

Junsai_hana2010

|

« 子羊誕生! | トップページ | 世界は広い! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
ジュンサイいいなー。
こちらでもよく行くワンコの散歩コースにジュンサイが沢山自生してる沼があるんですけど、漁業権があるので見るだけにしてます。
あ~、でもほんとジュンサイって私大好きなんですよ~。
今日もそこにワンコを連れて散歩に行ってきました。
やはり無数のジュンサイの葉が湖面に展開してましたよん。
据え膳食わぬは男の恥ではないですが、
ほんと目の前の湖面に無数のジュンサイがあるんです。
「私を食べてー。」っていってるように。(爆)
ほんと漁業権ってのがなかったら採取するのになぁ。

それはそうと、ジュンサイの奥に見えるのはコウホネ?
こちらには、水面上に葉が出ないエゾコウホネってのがあるよん。

投稿: こー | 2010年6月26日 (土) 17時42分

こーさんどもですー。
ジュンサイがあっても摘めないのは辛いですね、お好きならなおさら・・・
ジュンサイ摘むのって結構コツがいるんですょ〜(笑)
ほら、つるつると逃げるじゃないですか。すべって難しいんです。
細い葉柄を中指と薬指の間にはさんで、
手のひら側に丸まった葉を抱える様にしながら
親指を曲げて爪でプツッと切ると逃がさずに手の中に入るのですが
上手くできる様になるまでちょっと苦労しました。

奥の濃い緑色の葉はズバリコウホネ!ビンゴです。
そうかあ・・・そちらだとエゾコウホネなんですねー。
ほかにもオゼコウホネとかオグラコウホネなんていうのもありましたね。
こちらでも水深が深い場所での自生では、
抽水葉は作らずに浮葉だけですね・・・っていうか、深いと立ち上げる葉柄が
つくれないんでしょうかね(笑)

投稿: ぐりお | 2010年6月27日 (日) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35497419

この記事へのトラックバック一覧です: ジュンサイ満開:

« 子羊誕生! | トップページ | 世界は広い! »