« 世界は広い! | トップページ | マテバシイも開花! »

焦らす・焦がれる

Kitayahazu1006osu

今日はほとんど曇りだったのですが、最高気温は29℃に達しました。
すごく蒸し暑い・・・
23時頃から雨になっています。
明日からも蒸し暑い日が続くようですね。気温より湿度が辛そうです。

上の写真は北やはずハエトリのオス。成体になったばかりと思われる、
少々小振りで腹部も小さい個体です。
昨日掲載したチビ助ハラビロカマキリがいるハギのすぐ脇に生えている、
オカトラノオの葉上にいるところです。
このお腹の様子では相当腹ぺこなはずですが、カマキリには目もくれず
少し先の一点を見つめながら、太く長い第一歩脚を振り上げています。

彼の見つめた先にいたのが下の写真の彼女、
同じキタヤハズハエトリのメスです。
オスとメスでは色も模様も体型も、えらく違って見えますが
ハエトリグモではよくあることです。
こちらは見つめるオスよりひと回り大きく、パンと張った腹部には
おそらく成熟した卵がたくさん入っているものと思われます。
自分を見つめるオスのラブコールには気付いているらしく、
彼女もまたオスの方を見てはいるのですが、微動だにしません。

オスの方は一段とラブコールに熱が入りますが、
一向に反応しないメスを前にして、
振り上げた第一歩脚はむなしく空を切るばかりです。

やがてメスはくるりと体の向きを変え、
ぴょんぴょんとオカトラノオの群落を先に進みます。
オスがすかさず距離を変えずにあとを追うと、
またくるっと振り向きオスを見ています。
まさに「ここまでおいでよ」っという感じ。
これ、まんざらじゃないってことですよねえ。そうじゃなかったら
あんたは相当な悪女だ・・・(どっちにしろ悪女と思えるけど:笑)

女はみんな悪女だと誰かが言ってたなああ(確か女性)
生きてるって素晴らしい・・・けど、生きてるって苦しい。
オスが自分と重なって、こぼれるのは苦笑とため息・・・

Kitayahazu1006mesu

|

« 世界は広い! | トップページ | マテバシイも開花! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35535013

この記事へのトラックバック一覧です: 焦らす・焦がれる:

« 世界は広い! | トップページ | マテバシイも開花! »