« 今年は早じまいでした | トップページ | 痛そうに開花 »

青空ビアガーデン

昨日に引き続いて、西寄りの風がやや強く吹きました。
蒸し暑さをごまかすにはまずまずでしたが、埃っぽい事この上無し!
数日前に降った雨など帳消し・・・っていうか、水収支は赤字です(笑)
通常このように風が長引いて吹いた後には
一日中降り続く様な雨の日がはさまるもんですが、
そうなってくれるかどうか・・・西日本は広域で明日降るらしいですね。
こっちにも来てくれーい!!

写真は本日の庭クヌギ♯6です。
なんだか暑苦しい画像ですね(笑)
カブトムシの発生はいよいよピークとなり、青空の下でもこんな感じ。
夜ともなれば、この3〜4倍は押し寄せます。
遠巻きに眺めていても木からギシギシカシャカシャと
カブトムシの体が触れ合う音が聞こえて来ます(笑;)

このクヌギは合わせて6カ所から樹液を出しているのですが、
撮影の場所以外の5カ所は合計でもオス2匹、メス3匹しかおらず、
カブトムシは来ていないところもあります。
きっと同じ木でも味が違うんですよ。発酵の進み具合とか
菌種の違いとか・・・結構匂いが違いますもの。
で、ここが一番美味しいんでしょうね。とにかく大人気のテーブルです。

1匹だけ、輝く緑色がひと際目立ってますね。
アオカナブンです。この虫は本当に美しいなあ・・・・
構造色の透明感では日本の甲虫で一番美しいと思います。
カブトムシが石ころに見えるって言ったらさすがに失礼でしょうか(笑)
アオカナブンは本来山地性、牛久ではややまれな昆虫です。
我が家に現れたのはこれが二度目。嬉しい事です。

この木の他のテーブルには夏の後半種、クロカナブンも来ていました。
こちらは一昨日から登場し、以来毎日来ています。
クロカナブンってなかなか向こう気が強くて、樹液を先に占領している時は
背後にやって来たカブトムシに後脚で蹴りを飛ばしたりします。
樹液の虫たちも季節の進み具合とともに少しずつ種類が交代してゆきます。
もっとも今年はこちらもチョウと一緒で、
半月以上も遅れている様ですが・・・
それにしても昼間から飲んで騒いで・・・なんて羨ましいなああ!

6kunugi100728

|

« 今年は早じまいでした | トップページ | 痛そうに開花 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
やっと来られました。ずっと忙しくて、博物館のイベントの手伝いがあっあり、福島へ林間学校、学校へ戻って家に帰らないでそのまま博物館の調査合宿へ直行して昨日帰ったところです。調査合宿のキャンプ場は筑波高原キャンプ場でした。収穫は暑中見舞いに書きました。今シーズンはとうとうゲンジボタルの観察へ行けませんでした。8月7日に場所だけ確認しておきます。今年はカブトムシ遅かったですよね。春に寒かったからですか?
アオカナブン欲しいです。アオカナブンだけ飼った経験がありません。本当に綺麗ですよね。

投稿: かぶと小僧 | 2010年7月29日 (木) 21時43分

かぶと小僧さんこんばんは!
すっげーハードスケジュールですね。
この時期ぐりおもなかなかハードな日々を送っていますが、
話を聞いてこりゃ負けそうだと思わずひるんでしまいました(笑)
それじゃ夏バテしてるヒマも無さそうですね(追笑)
でも体調管理には充分気を付けて下さい。

筑波高原キャンプ場なら、アオカナブンいたんじゃないですか?
アオカナブンは暑さに弱い面があるので、
飼育は普通のカナブンよりずっと難しいですよ。
繁殖も簡単ではないようです。でも、あの美しさは本当に群を抜いてますよね。
なんであんなホログラムみたいな光り方をするんでしょう。
本当に神秘の輝きです。

投稿: ぐりお | 2010年7月29日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35936865

この記事へのトラックバック一覧です: 青空ビアガーデン:

« 今年は早じまいでした | トップページ | 痛そうに開花 »