« 金の糸 | トップページ | 温室の困ったさん »

カナブンの体色変異

Kanabun_green

庭のクヌギの樹液発酵も進み、だいぶいろいろな昆虫が登場してきました。
今年はまだカブトムシが少ないですが、
先週あたりからちらほら姿を見せる様になりました。
昼間目に付くのはカナブンとスズメバチですが、
スズメバチは春先に女王があれだけいたのに、
今樹液を訪れる個体数は例年の半分以下です。
営巣初期が上手くいかなかったのかもしれません。

写真は上下ともカナブンです。
上のような緑色の固体は、よくアオカナブンを言われてしまいますが
これはあくまでもカナブンの「緑色型」です。
アオカナブンはこれよりもっと明るい緑色で、
後脚の付け根の様子がカナブンと違うのですが、
これは捕まえて下面を確認しないとわかりません。
でも、アオカナブンはカナブンよりスマートな体型なので、
慣れればすぐに見分けられます。

上の写真のような緑色型は下の「黄褐色型」に比べると少なく、
当地ではだいたい黄褐色型が5〜7に対し緑色型が1ぐらいです。
私は上のタイプを普通に「グリーン」下のタイプを「ゴールド」と
勝手に呼んでいます。

ついでに書くと他に「カッパー」と「アイオライト」があります。
カッパーは黄褐色型より赤味の強いタイプで、緑色型よりもずっと少なく、
一夏に数回見るかどうかという感じでしょうか。
アイオライトというのは藍色をした石のことですが、
カナブンにもごくごく稀に鈍いメタリックの藍色をした個体が現れます。
私はいわき市に在住だった頃何度か見たのですが、
当時はそういう記述は図鑑にも無く、
先生や昆虫に詳しい先輩など、誰に話しても信じてもらえませんでした。
それ以来ずっとあれは記憶違いだったのかと自分を疑っていたのですが、
何年か前に茨城県自然博物館でやっていた市民コレクション展みたいな
標本のミニ展示があり、その中にしっかりと藍色のカナブンがいました。
ラベルを見ると県北部の産地になっていましたから、
その地では今でも藍色のカナブンに遇えるのかもしれません。

構造色の透明感では仲間のアオカナブンに一歩ひけをとるカナブンですが、
色のバリエーションには幅があり、ちょっと気にして見ると結構楽しめます。

Kanabun_gold

|

« 金の糸 | トップページ | 温室の困ったさん »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。

カナブンの記事、待ってました!カナブン大好きです。藍色のカナブンは見たことがないので、見てみたいです。県北の方ですね。うまく見られるかな?他の昆虫でも、藍色の個体は高いですね。パプキンも倍以上してましたし、オオセンチも標本として価値が高いと本に書いてありました。
僕はクロカナブンが一番好きなのですが、出現が少し遅いので、8月の採集に期待しています。ちょっと臭いのが困りますが。
うちのカナブンたちは70%くらいまゆになりました。羽化はまだ少しです。


この前はFAXありがとうございました。毎日夜になると雨になってしまって、ちょっと焦ってます。場所はわかったそうです。7月の終わりにジュニア学芸員の調査でそこへ行きます(爬虫類と両生類の調査)。
それから、水元公園のベイトトラップで採集したゴミムシですが、ブリットンツヤヒラタゴミムシでした。トンボ博士の講師で来ていたK先生に同定してもらいました。手賀沼水の館バックヤードで飼育していたタガメが盗まれたと怒ってました。

投稿: かぶと小僧 | 2010年7月 9日 (金) 19時54分

かぶと小僧さんこんばんは!
この間は「ゲンゴロウ都下で絶滅」の新聞記事ありがとうございました。
私はあのニュースはテレビで知りました。
・・・っつか、確かにいたらビックリですね。茨城でももはや
滅多にお目にかかれない昆虫になってしまいましたから・・・

私もですねー、好きなんでよ。カナブンとハナムグリが!
かっこいいですよね。甲虫なのに飛行が得意ってところも
お気に入りです。
クロカナブンも直射日光に当たった時にやや青く見える固体がいますね。
ベイトのゴミムシわかって良かったですね。

は虫類の調査、あそこでやるなら気を付けて下さいね。
脅かすつもりはありませんが、まじマムシ多いですから(笑)

投稿: ぐりお | 2010年7月10日 (土) 00時29分

こっちにも書きます。
今日からキャンプなので早起きしました。
僕もハナムグリとカナブンが大好きです。三郷ではカナブンは見られないですが、シロテンハナムグリがよく飛びます。プールの時に授業そっちのけで採集しています。採集したらタオルに包んでおきます。
調査はあのキャンプ場のところを基地にするそうです。マムシは小さい子供しか見たことがないので(水元公園にいました→豪雨の後で流れて来たそうです)楽しみです。気をつけて観察します。僕は林間から帰って来てから行くので、遅れて参加します。

投稿: かぶと小僧 | 2010年7月10日 (土) 06時05分

かぶと小僧さんこんばんは!
今頃キャンプかな?夜の採集も楽しいですが、
あまり夜更かししない様に・・・(笑)

三郷はカナブンいないですか?
そうなんだー、お隣の流山にはいるみたいですけどね。
確かにカナブンは朽ち木か、それが崩れた腐植がないと厳しいですよね。
シロテンハナムグリの幼虫は庭や畑の土からも見つかりますが・・・

くどいようですが、くれぐれもマムシにご注意下さい。
特に涼しくて気持ちがいい沢の周辺にはかなりの確率でいますので。

投稿: ぐりお | 2010年7月10日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35685777

この記事へのトラックバック一覧です: カナブンの体色変異:

« 金の糸 | トップページ | 温室の困ったさん »