« ササグモのランチ | トップページ | カナブンの体色変異 »

金の糸

七夕ですね。
しかし、ラブロマンスは雲上のお忍びということになったようです。
そういえば、織り姫とひこ星って、夫婦だったんですね。
確かにそういえばそうなんですよね。
何となく恋人っぽいイメージで語られる事が多いので、
私も知らず知らずにそういう意識になっていました。
遠距離恋愛より単身赴任に近い感じなのかな(笑)

写真は・・・・えっと、何だろうこれは(笑;)
頂き物の園芸植物なのですが、確かキンシバイと聞いたような・・・
でもビヨウヤナギかもしれないです。
とにかく、ヒペリカム属(Hypericum)には違いありません。
何しろ今まで咲いた事がなかったので、特に気にして調べてませんでした。
これがうちでは初花です。
あまり土が良くないところに植えてあるので仕方が無いのですが
去年堆肥を施したり古枝を根元から切って新しい茎の伸長を促したところ
今年は蕾をいくつも付けてくれました。

この仲間は庭だけでなく公共施設の外構植栽やグリーンベルトなど
色々なところで見かける事がありますね。
いつも何となくやり過ごしてしまい、ちゃんと観察していなかったのですが
あらためて見るとこの繊細且つ大量の雄しべはすごいですね。
キンシバイ(金糸梅)という名前がとてもよく理解できます。
体のちっこいアリでも、ちょっと歩き辛そう・・・

しかしこの雄しべを見ていると何かを思い出すなあ・・・あ、あれだ!
昔よくアイデア商品のお店やギフトショップなんかで売られていた
光ファイバーのイルミネーションのインテリア。
一時的に流行りましたよねえ、あれ。今でもあるのかな?
ああいうインテリアって、
ある意味時代を映していて集めると面白いかもしれない・・・
ガラスで出来たこっくりこっくり動く水を飲む鳥とか、
音に反応して踊り出すサングラスをかけたサボテンとかね(笑)
わあっと流行ったものって、潮が引くように消えてしまう事が多いですけど
そんなものを今持っていると案外新鮮かもしれませんね。

キンシバイに話を戻すと、かなり昔にこの花はブームになりましたが、
今あらためて見てみるとホームセンターや園芸店でも
それほど売られていないみたいですね。
昔はそれほど好きじゃなかったけど、ケイトウやホウセンカやオシロイバナ
みたいな、かつてとてもポピュラーだった花たちと
今また付き合ってみたい・・・なんてちょっと思っちゃいました。

Hypericun

|

« ササグモのランチ | トップページ | カナブンの体色変異 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
光ファイバーのインテリア・・・・・確かに似てますね~。
でも一時よりはブームが去ったようで、
そんなに見かけなっちゃったね。

いまふと思ったんですが、
オシベはちょっとエノキに似てません?
・・・・・やっぱ似てないか~。(自爆)

投稿: こー | 2010年7月 8日 (木) 00時06分

こーさんどもです。
エノキ??・・・ああ!エノキダケのエノキね!!
似てる似てる!私もキノコは思い浮かびましたよ。
なんのキノコかって言ったら、そうね〜やっぱエノキですよね。
茹でる時ばらっと鍋に突っ込んだパスタにも似てるかも(笑)
いや、三輪そうめんかな(追笑)

投稿: ぐりお | 2010年7月 8日 (木) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35674099

この記事へのトラックバック一覧です: 金の糸:

« ササグモのランチ | トップページ | カナブンの体色変異 »