« スリムな来客 | トップページ | 3年振りの海水浴 »

付かず、離れず

もう月末ですか。まったく早いよな〜(笑)
今年の7月は特に早く感じました。
暑さでくらくら来てる期間が長かったですからねー・・・
そのせいかも知れません。
猫舌の私流に言うなら、せっかくおいしいコース料理が出て来たのに
暑くて手が出せないでいるうちに、サッと下げられちゃった感じー(笑)
8月って、夏の背中がチラッと見えるんですよね。
あれが何とも寂しい・・・
あ、でも今年は植物も昆虫もだいぶ遅れて動いているので、
実質的な7月の後半が、これから始まるのかもしれませんね。
そう思う事にしました(笑)

写真はヒョウタンボクの実。
晩春というか初夏というか、その辺りの微妙な時期に
双子の花を見せてくれたスイカズラ科の低木です。
今がちょうど実のなる時期なんですが、眩しすぎる季節の陰に隠れて
何となくこっそり成っている印象があります。
きれいなかわいい実なんですけどね。ちょっと勿体ない・・・

ヒョウタンボクという名は双子で咲いた花が共に結実する際
隣り合う2個の実が合着してひょうたんというか、雪だるまというか・・・
そういう形に成るところから付けられました。
すなわち、写真は双子2ペア=4花分の実が写っています。
ひょうたんで数えると2つ分という事ですね。
でも、まだ合着していません。
離れて這いませんがぴたっと隣り合って独立しています。
赤く熟した様子からして、これから合着するという事も無さそうです。

仲、悪いんですかね?(笑)
でも、たとえ双子であっても
それぞれの人格が確率しているってことかも知れませんよね。
その方がうまく行くこともありそうな気がします。
付かず、離れず・・・って、一番いいんですよね。

Hyoutanboku_mi

|

« スリムな来客 | トップページ | 3年振りの海水浴 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
ヒョウタンボクの実ってかわいらしいですよね。
こちらでも国道脇に結構自生してるのを見かけます。
そろそろこちらも実がなってるかな。
実はおいしそうに見えるんですけどね~、でも有毒なんですよね。
なにも知らなかったら、採取してジャムにしてしまいそうですよん。

投稿: こー | 2010年8月 1日 (日) 17時28分

こーさんどもでーす!
そうですかー。そちらではヒョウタンボクが結構身近に
生えているのですねー。
こっちだと自生は少し頑張らないと見られません。

そうそう、その「有毒」の件ですが、書こうかとも思ったのですが
話題の流れ的に触れられませんでした。
でも、ちょこちょこつつかれているみたいなので、
きっと鳥は大丈夫なんでしょうねー。
庭のすぐ近くに生えている同じスイカズラ科のヤマウグイスカグラは
やっぱりやや透明感のある赤い実をぶら下げますが、
こちらは食べられる甘酸っぱい実です。
似た感じなのにねー・・・これで有毒っていうのもすっごい意地悪ですよね(笑)
ほんと、ジャムにしたりお菓子のトッピングにしたりしたくなる姿ですね。

投稿: ぐりお | 2010年8月 1日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35974415

この記事へのトラックバック一覧です: 付かず、離れず:

« スリムな来客 | トップページ | 3年振りの海水浴 »