« 花は重力向き? | トップページ | 百合で見る夢 »

夏の虫むし探険隊

今日は一日筑波山麓。
NPO法人つくば環境フォーラムがつくば市の宿泊型自然体験施設
「筑波ふれあいの里」から委託を受けて行っている環境教育プログラム、
「筑波山麓自然学校」のプログラムの講師を務めました。
今回のテーマは「夏の虫むし探険隊」。
ふれあいの里に広がる多様で豊かな自然環境を駆け回って
親子で思いっきり虫取りをしてもらうというもの。
この「筑波山麓自然学校」シリーズは人気が高く、
キャンセル待ちが出るほどの盛況ぶりとのこと。
同NPOの目玉事業でもあります。

朝、現地に入った時には厚くて重たそうな雲に覆われていたのですが、
気温の上昇とともに雲は消え、眩しい日射しが容赦なく照りつける
うってつけ(!?)の天候となりました。
こういうお天気の時は、気持ちで負けるともうダメ。
モチベーションが肝心です(笑)

夏の虫取りには格好の条件でしたから、どの親子も立派に収穫ありでした。
時期的なものもあり、バッタとカマキリの仲間が多かったですね。
それもほとんどの種類がまだ幼虫です。
トンボも多かったかな。
ノシメトンボ、ナツアカネ、マイコアカネが多く、
ここでも我が家の周辺と同様でアカネがいない!という
去年のような傾向は見られませんでした。

でも、やっぱりチョウは少なかった様に思います。
もともとアゲハ類が多い場所なのですが、クロアゲハとオナガアゲハを
少数見かけただけで、タテハやヒョウモンの仲間、樹液の周りに多い
ヒカゲチョウの仲間もあまり見られませんでした。

そうそう、筑波山麓のこの場所らしい昆虫を捕まえた子もいました。
ミヤマクワガタです。7センチ近くありそうなまずまずの体格で
立派な大アゴと金色のうぶ毛で子供たちを魅了していました。
ほかにアオカナブンやウバタマムシも採集できましたが、
甲虫類もちょっと少なかったかもしれません。

本日のプログラムは低年齢の子供が中心で、
一種の「森の学校・幼稚園」的な趣です。
しかしどの子も逞しく動き回り、へばりもせずに午前中いっぱい
虫取りを楽しんでくれました。
子供より更に本気度が高いお父さんもいて、
そこここで大活躍が見られました(笑)

昼食の「そうめん流し」も大盛況で、蒸し暑さも忘れて
夢中で箸を動かしていました。
そうめん流しは人数が多いと過剰競争気味になりますが、
流れるスピードが結構早いので「上流ほど有利の法則」でもなく
そこがまた面白かったですね(笑)

私はこの夏、もう一回「筑波山麓自然学校」で講師を務める予定です。
次回は「昆虫ナイトウォッチング」・・・これまた面白そうでしょ。
夜の森探検やライトトラップを行います。
う〜む、今から楽しみだあ!

Shizengakkou100717

|

« 花は重力向き? | トップページ | 百合で見る夢 »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
い~な~、私も参加したいよ~。
是非、北海道に遠征に来てやってくださーい。
こちらでも色々な種類の昆虫がいると思うのですが、
そちらの方は疎くて、出会っても綺麗だなぁとか
変わってるなぁて感じなのよね。
やっぱり名前が分からないとね。
こちらで開催したときは、
仕事休んでも参加しますよん。
そして私はぐりおさんを連れて夜の探検隊・・・・。(謎爆)

投稿: こー | 2010年7月21日 (水) 06時49分

こーさんどもですー!
やってみたいわ〜、そちらの観察会!
きっと雑草からしてこちらとは違っているでしょうから
エキサイティングでしょうねー。
呼んで下さいませ♥
数年前にとある企画でキリタップに子供たちと行く話もあったのですが、
ブッキングでおじゃんになり非常に残念でした。

ホントいきたいわ〜・・・夜の探険隊!
月夜のススキ観察会っててのも一興かな(爆)

投稿: ぐりお | 2010年7月22日 (木) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35789459

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の虫むし探険隊:

« 花は重力向き? | トップページ | 百合で見る夢 »