« 家守さん | トップページ | じめじめの大風 »

キキョウとコハナバチ?

一日中すごい湿度で、日中は風がありませんでしたので、
晴れた昨日より蒸し暑さが辛かったですね。
気温は27.5℃止まりでしたが、息苦しいような鬱陶しさがありました。
夕方以降は南西の風が段々強くなり、今、外ではごうごうと吹いています。

一日厚い雲に覆われ暗かったので、写真は昨日撮影のカットから。
今、林ゾーンに入る手前のミニ草はらでは、キキョウが満開を迎えています。
昨年はもう少しで咲くというあたりで、クロウリハムシの猛攻撃を受け
まともに開花せずに撃沈でした。今年はそれほど発生していません。
このへんがどういうメカニズムなのかよくわからないのですが、
ハムシは何でも少ないという訳ではなく、
ハンノキハムシとジュンサイハムシが今年はすごい数です。

その分ハンノキではミドリシジミ、ジュンサイではマダラミズメイガと
それぞれハムシと競合する昆虫が、大変少なくなっています。
ちょっとバランスが悪くなっている様です。
他にブッドレアの花やクヌギの樹液でも、今年はチョウが少ないようです。

さて、掲載のキキョウのアップですが、
虫が一匹来ていますね。じつはシャッターを押す直前まで、
この虫をコハナバチの仲間だとばかり思っていました。
しかしファインダーごしに良く見てみると
翅は2枚。複眼が顔のほとんどを占めるほど大きく、ハチではなく
アブの仲間であることに気が付きました。
それも見てくれだけでなく、
しぐさも含めてなんとなくコハナバチに見えるのです。
まだ種類は調べていませんが、コハナバチに擬態しているとしたら
なかなか面白いと思います。アブの仲間には他にも
特定のハチの仲間に擬態したような姿をしているものがいて、
時々出くわしますが、いつもつい騙されそうになってしまいます。
ハチに手を出さない小鳥やカエルには案外効果があるのかもしれませんね。

Kikyouabusp


|

« 家守さん | トップページ | じめじめの大風 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
むしむしする日が続きますね~。

ハチの仲間とかは私は疎いので、種類は分かりませんが、
今年こちらではなんか毛虫等を拉致して持っていくハチ?
・・・・・黒っぽいヤツが沢山見られました。
私、毛虫には悪いんですが、あのハチが好きなんですよ~。
外で花とかに水をやってると、
毛虫の「あれ~っ!」って叫び声と共に
ハチが毛虫を拉致して連れて行ってます。

投稿: こー | 2010年7月13日 (火) 06時05分

こーさんどもです。
こっちは今日肌寒い位でしたが、
そちらはどうだったでしょう?
低気圧が近いから荒れたんじゃないですか?

お庭で狩人バチが活躍しているようですね〜。
チョウやガの幼虫って、狩人バチの仲間だけじゃなく、
アシナガバチやカマキリや、ほんといろんな天敵に狙われます。
彼等が成虫になるっていうのは大変なことみたいですよ。
自然界だとこうして種類の数の多さが個体の数のアンバランスを
整えてくれているんですよねー。

こーさんのお庭だと、それでも毛虫の方がまだ勝っているんですね。
きっと毛虫にしてみれば、
最上級の御馳走がまとまった奇跡の場所ってとこなのでは(笑)

投稿: ぐりお | 2010年7月13日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35720697

この記事へのトラックバック一覧です: キキョウとコハナバチ?:

« 家守さん | トップページ | じめじめの大風 »