« 青空ビアガーデン | トップページ | スリムな来客 »

痛そうに開花

雨はちょこちょこ降りましたけど、一昨日からの風がまだおさまりません。
時々雨がほとんど水平に降り付けるので
いくら軒が深い部分でも雨が吹き込んでしまいます。
でもせっかく気温が低めなのに、
窓を閉め切ってエアコンを付けるのも悔しいので
一日中窓の開閉の管理に追われてしまいました(笑)

お天気は全く期待できませんから、庭にも出ず、写真は昨日のものです。
この花、レンゲショウマっていいます。
キンポウゲ科の一属一種の植物ですが、花が美しく性質も丈夫なので
山野草を栽培している方にはお馴染みの一品です。
私もキンポウゲ科の植物大好き人間ですから、
レンゲショウマとはもう長い付き合いです。
学生時代に購入した2株をずっと栽培していたのですが
ひとつは実家の庭に植えたままにしておいたところ、
隣家が取り壊しになったアオリで植えた場所がかんかん照りになってしまい、
とても残念な事に消えてしまいました。

もうひと株がこの写真の株なのですが、
こちらは結婚、引っ越しという節目節目に私と一緒に移動し、
現在でもこうして敷地を分け合う関係です。
でも、今年の花はなんだか傷だらけ・・・
これ、昨日掲載した♯6クヌギの根元に植えてあるのですが、
喧嘩でクヌギから落ちたカブトムシがひっきりなしに掴まって登るのです。
だから花と言わず葉と言わず、カブトムシの爪で傷だらけなんですよー。
せっかく咲いてくれてるのに、痛そうで申し訳ないです。
植えた場所が悪かったですよねー。でも、カブトムシの件を除くと、
ここはじつに適した場所なんです。
風が通る割に地面はたいてい湿っていて、強い雨はクヌギが防いでくれ、
木漏れ日が差し込む程度の明るさ・・・ね、なかなかの条件でしょ。

ここは地域の植物を主体としたビオトープゾーンでもあるのですが、
当地には分布の無いレンゲショウマも「可」としました。
野生らしい気品とさりげない草姿を持つこの花を
園芸植物の場所に植える気には、どうしてもなれませんでしたので・・・

Rengeshoma

|

« 青空ビアガーデン | トップページ | スリムな来客 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35948846

この記事へのトラックバック一覧です: 痛そうに開花:

« 青空ビアガーデン | トップページ | スリムな来客 »