« じめじめの大風 | トップページ | 活着・・・したみたい »

縁起ものだい!

Zarigani_nukegara


なんか今日は寒いぞー。体がついていきませんヮ(笑)
今、外気温20℃切ってるし(17.5℃!)・・・最高気温も26.5℃でした。
仕事で煮詰まってるせいもあるんですが、
このお天気ですからほとんど外に出ませんでした。

なもんで今日はこんな写真を載せてみました。
これ、子供が育てているアメリカザリガニの抜け殻です。
脱皮後、うまいタイミングで見付けると
このような完全な抜け殻を回収できます。
うまくないタイミングだとザリガニに齧られてバラバラになっちゃいます。
彼等は海の生物と異なり、
カルシウムがギリギリ状態の淡水で暮らしていますから
抜け殻に残った僅かなカルシウム分も積極的に回収する訳です。

抜け殻はぺらぺらふにゃふにゃですが、乾燥すれば形は固定できますので、
抜け殻を発泡スチロールの板にのせ、甲虫の標本を作るときのように
形を整える「展足」を行います。中身がないへろへろ状態ですから
これが結構難しい・・・触角なんか濡れてるので
ピトッと表面張力でくっ付いちゃって、苦労します。
なんとか形を整えてそのまま一週間ほどそっとしておくと
カラカラに乾いて完成です。
写真のものは抜け殻の天然色ですが、
お好みで彩色やニス塗り仕上げもいいかもしれませんね。
イメージは南国のお土産屋さんにある
ニシキエビの壁掛け標本!?みたいな・・・

失敗したのが尻尾。キレイに扇型に揃えたつもりが
乾燥する過程でパーツごとに収縮して離れちゃいました。
でも、これ縁起良さそうでしょ(笑)
お正月の松飾りに添えたい感じ・・・かな?(追笑)

|

« じめじめの大風 | トップページ | 活着・・・したみたい »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

わぁ~ 素晴らしい標本ですね。
100円ショップで売っている、プラスティックのコレクションケースに入れたいですね。
去年、孫が飼っていたカブトムシやクワガタも死んだら、乾燥標本にしてコレクションケースに入れています。(^^♪

投稿: KEN | 2010年7月14日 (水) 13時55分

KENさんこんばんは!
甲殻類って抜け殻が比較的しっかりしてるし、姿が立派なので
乾燥標本にすると見栄えがしますよね。
朝早起きして砂浜に出掛けると、波打ち際できれいなカニの抜け殻を
見付けるときがあります。そんな時も大事に持ち帰って
形を整え、保存します。宝物です(笑)

コレクションケース・・・なるほど!それいいですね。
明日、早速覗きに行ってみます♪

投稿: ぐりお | 2010年7月14日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/35741375

この記事へのトラックバック一覧です: 縁起ものだい!:

« じめじめの大風 | トップページ | 活着・・・したみたい »