« 一握の生態系 | トップページ | パース用樹木を作る »

オスばっかり

今日も暑さばかりの一日でしたが、
当地では最低気温がそれなりに下がるので
日中の気温の割には、熱帯夜は多くありません。
まあ・・・せめてもの救いです(笑)
最低/最高気温は23.5℃/34℃。もうずっとこんな感じですね。

庭のチョウは一時期にくらべるとそれなりの種類数が出揃いましたが
個体数の方はまだちょい少なめかもしれません。
今日はクサギの花に頻繁にナガサキアゲハが来ていました。
ここ3年ほど茨城県南部では毎年見られるいわゆる北上蝶ですが、
もう、我が家でもお馴染みのチョウになりつつあります。
今年は、庭のユズに産卵もしました。

写真はそのナガサキアゲハに先んずる事2年、もう5年もの間
庭に定着している先輩北上蝶のツマグロヒョウモンです。
オスとメスで前翅の色彩・模様がだいぶ異なるチョウですが、これはオス。
ちなみにメスは今月8日の記事で登場していますので見比べてみて下さい。

ヒョウモンの仲間はどちらかというと山地や高原でよく見られるため、
温帯〜暖温帯のチョウという印象が強いのですが
このツマグロヒョウモンが随一というか唯一というか、
南西諸島にも分布する南のヒョウモンです。
だからさすがに暑さには強い!庭に登場するヒョウモンチョウは全部で
4種類いるのですが、今年は他の3種類(=メスグロヒョウモン、
ミドリヒョウモン、ウラギンヒョウモン)はとても数が少なかったです。
ただ一種気を吐いているツマグロヒョウモンも昨年にくらべると
ちょっと小振りで数も少なめかも知れません。

ツマグロヒョウモンは、オスとメスの発生ピークがちょっとずれます。
メスをブログにアップした今月上旬頃はオスはほとんど見られませんでした。
逆に現在はメスがほとんど見られません。いるのはオスばかりです。
血が濃くなるのを避けるため、オスとメスで発生のタイミングに
性差が見られる昆虫は多くいますが、これもそういう事なんでしょうかね。

ちなみに昨年も、今頃はオスばっかりで
9月に入るとメスが増えて来たと記憶しています。
その時まで生きながらえないとオスとしては何事もならざらん・・・
という事になりますが、今年みたいに暑くて雨が降らないと
吸蜜植物も開花が悪くてなかなか大変そうです。

Tsumaguro1008

|

« 一握の生態系 | トップページ | パース用樹木を作る »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。

とうとう夏休みが終わってしまいます。明日から学校です。7月からの2ヶ月、茨城で5泊17日間過ごしました。博物館関係は10回です。忙しかったですが、とても楽しかったです。特にH先生の助手ができたことが一番でした。
29日は夏休み最後のサンデーサイエンスでした。午前15組、午後は18組しかお客さんが集まらなくて、22日のY先生の時よりはやや良かったのですが、やっぱりこの暑さで参加者も少なかったです。子供が参加したがっていても、お母さんが逃げ腰でした。
先生の記事にもあった、ナガサキアゲハを採集したので、昨日展翅しました。博物館に収蔵するそうです。
昨日の夜は坂東でコクワガタの♂を採集しました。うちで越冬させます。
秋から冬の予定もあるのですが、やっぱり来年の初夏が待ち遠しいです。

投稿: かぶと小僧 | 2010年8月31日 (火) 21時00分

いやいやいや・・・お疲れさまです。
好きな分野での社会参加の夏休みでしたねえ。素晴らしいです!
暑さがねえ・・・そうですよね。本当に危険な暑さでしたから
お客さんが目減りしたのも仕方ないかもしれませんね。

今週は私もまた会議で博物館に行く予定です(明後日)。
相変わらず暑さは続きそうなので、例の橋の上の温度計が楽しみ?です。

そうそう、暑中見舞いのお返事が書けず、気になっています。
申し訳ありません!近々に書く予定です。
とりあえず、残暑お見舞い申し上げますっ!!
お父上と妹君にもよろしくです。

投稿: ぐりお | 2010年8月31日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36451688

この記事へのトラックバック一覧です: オスばっかり:

« 一握の生態系 | トップページ | パース用樹木を作る »