« 蝉ゲーット!! | トップページ | 探し物は蛾の幼虫? »

可憐で強靭

やっぱり暑くて、やっぱり降らない・・・これで本当に大丈夫かな。
最低/最高気温は22℃/34.5℃。
各地から伝えられた程のものすごい暑さではありませんが、
やはり異常でしょうね。加えてこの乾燥・・・
カブトムシをはじめ樹液昆虫の個体数が、がくっと減りました。

つい数年前までは、土地の暑さを語るのに
一夏に真夏日が何日とか言ってましたが、
今じゃ猛暑日が何日・・・ですからね(笑)

暑すぎると霞ケ浦のアオコもむしろ発生が鈍るという話を聞きました。
それで今年は西浦のアオコが思いのほか軽く済んだとか・・・
水生植物の中にも、暑すぎると絶えられない種類がいくつかあるようで、
しかもそういうのに限って残りわずかな在来種だったりするのですよねー。
この暑さでまた自生地が減ってしまうのではと心配です。

写真はトチカガミ。こいつは今年の暑さなどものともせず
本当に精力的に繁茂しています。
我が家では池にも水路にもあるのですが、どんなに丁寧に除草しても
ちゃんと残っていて、翌年にはまた旺盛に広がろうとします。

環境の適応幅もかなり広くて、写真の場所は池の奥の流入部・・・
つまり、上をハンノキに覆われていて、日照時間が限られた場所です。
それでもご覧の通り、見事に元気です。
もちろん日当りが良い排水路の方では、もはや水面を覆い尽くしています。
しかし、そんな強靭な水草には、意外な程可愛らしい花が咲きます。
水生植物に多く見られるお馴染みの3枚弁は、
和紙でこしらえたようなちりじわと透明感があり、なかなか素敵です。

でもいくら素敵でも、油断するとじきに「越冬芽」をつくって
その場にぽろりと落とすので厄介です。
我が家の水生植物では、旺盛なジュンサイの更に上を行く強靭な
「水生雑草」なのです。

Tochikagami

|

« 蝉ゲーット!! | トップページ | 探し物は蛾の幼虫? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36308502

この記事へのトラックバック一覧です: 可憐で強靭:

« 蝉ゲーット!! | トップページ | 探し物は蛾の幼虫? »