« 碁石蜆蝶 | トップページ | みんなちっさいゾ »

真夏は続く・・・

今日は立秋なんですよね。いつもなら真夏の日射しの中にも
少しずつ先の季節が見え隠れするんですが、
今年は連続記録を更新し続ける真夏日がそれを感じさせません。
ただ、日射しの角度が少し低くなって来ましたね。
家に差し込む陽光の届き具合は、間違いなく例年通りです。
あと、夜に鳴く虫がぐっと増えました。
先ほど、今年初めてのクツワムシを聞きました。
ガシャガシャガシャ・・・とシャウトするボーカルは
窓を閉め切った室内でも届いてきます。

写真は午前中の池の様子。いや〜暑い!くらくら来ます(笑)
光に透ける緑と陰に沈む緑のコントラストが、ちょっと熱帯を思わせます。
多くの昆虫が一休みをする高温の時間帯ですが、
ショウジョウトンボとオオシオカラトンボは元気にバトルを展開中です。
あー・・・も池に飛び込んでしまいたい!(笑)
来週も当地ではこのお天気が続く様です。雨降れ〜っ!!!

ところでこの画角の写真って、今までほとんどありませんでした。
そう、このブログには、広角を生かした画像がほとんど無いのです。
それはなぜなら、私が使っているメインカメラが
オリンパスE-1という一眼レフであるにもかかわらず、
その専用レンズを一本も持たずに旧来のオリンパスOMシステムの
ズイコーレンズで撮影していたからです。

メーカーからマウントアダプターが出ているので、
E-1にはこの古いレンズたちを装着する事が可能です。
ただし大きな制約がいくつかあり、絞りの自動が効かないので
絞るとファインダーが暗くなったり、勿論オートフォーカスなんて無いし、
最大の問題はズイコーレンズをE-1に装着すると、
焦点距離が2倍になってしまうことです。
この特性は望遠側だとちょっとお得な気分なのですが、
広角レンズがまるで役に立たなくなっちゃうんです。
つまり、私はOMズイコーレンズの21ミリという広角を持っているのですが
これをE-1に装着すると焦点距離は2倍の42ミリ!
もはや広角でも何でもありません(笑)

しかし、仕事で広角の画像をデジタルで撮影しなくてはならず、
遂にE-1に本来装着すべき、ズイコーデジタルレンズを購入しました。
焦点距離は14〜42ミリ、35ミリ判に換算すると28〜84ミリ、
これなら立派な広角です。
さっそくE-1に装着して最初に撮った一枚が今日の画像なんです。
ああ・・・これでやっとE-1で広い絵が撮れる!
しかしE-1を購入してから専用レンズを手に入れるまでに
5年も掛かってしまいました(爆!)

Ike100805


|

« 碁石蜆蝶 | トップページ | みんなちっさいゾ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

今晩は、今日も暑い日でしたね。
さくら池広いんですね・・・・ さすが広角ですね。(^^♪

投稿: KEN | 2010年8月 7日 (土) 22時50分

そんな裏話があったとは。
マクロ撮影の小さな世界の表現に魅入っていけるブログサイトでしたが、今度はその小さな世界を内包する広いエリアも見せていただくことができますねえ。
僕は石にぶつけてぶっ壊しても落として泥にはまっても泣かないこと(なんじゃそりゃ)の割り切りで、ニコンD60と付属キットというお手軽装備で、しかもファインダーも覗かずに「この辺か?」なんていい加減な写真ばかり撮っていますが、本音を言えばもうF4とF5の重さを片手では支えきれなくなってしまいました。
仕事に使う写真も、ときどき携帯電話の内蔵カメラで撮って収めていたりするし。

あっ、そろそろ銀色のエスクードのユーザーさんのところに挨拶に行きたいのですが・・・


投稿: 雷蔵 | 2010年8月 9日 (月) 00時08分

>KENさん
こんばんは!今日(って、もう昨日ですね)は、日射しが少なかったのに
すごくムシムシしましたね。
仕事で筑波山麓でしたが、やはりムシました。ひと雨欲しい〜!

広角マジックって、すごいですよね(笑)
すっごく広く見えちゃいますね。でも実際の面積は
水面が40平方メートル足らずなんです。
トンボが賑やかですが、いつもフラッとやって来るチョウトンボを
今年はまだ見ていません。


>雷蔵さん
確かに好きな撮影はマクロだし、伝えたいテーマもマクロが多いので、
それで良かったのですが、たまに広い絵が欲しくなります。
雷蔵さん、F4・F5を片手とは、強者ですねー(笑;)
私はそういう訳なので、今までオートフォーカスというものを使っておらず
そもそも片手では撮影できませんでした。
いや〜楽ですワ、カメラが勝手にピント合わせてくれるっちゅうのは!(笑)
今時何言ってんだって感じですけど・・・

エスクの件ですが、先方にはもうとっくに話を通しています。
雷蔵さんのところをたずねて覗いてみると言ってましたが、
忙しい人なのでこりゃそのままになっている可能性アリですね。
私信でやり取りしたいので、差し支えなければ
コメントの指定フォームにメルアド入れていただけますか?
非表示設定なので大丈夫だと思います。

投稿: ぐりお | 2010年8月 9日 (月) 00時41分

F4で片手撮影は、それ自体には何も意味がないんですが、子供の運動会の親子競技となると、誰もいなくなる席に置いておくわけにもいかず(うちは家内も学校関係で、運動会開催日がことごとくダブルブッキングしました)、「持って歩くなら撮るか」と、競技で子供と走りながら撮ってました。
さすがにクルマの窓から片手を出して、というのは腕を持って行かれちゃいます。一眼レフでありながらもコンパクトデジの領分にある安いやつは、軽くて便利です。でもD60なんて誰も使わないですね。

投稿: 雷蔵 | 2010年8月 9日 (月) 21時59分

雷蔵さんこんばんは!
なんだ、そういうことですか!・・・って、それでも
競技をやりながらとは・・・すごいなあ。
D60は、比較的軽い設計でしたね。でも、私にはできそうにない技です(笑)

手ぶれ防止機能付きコンデジを使っていますが、あの小さくて薄っぺらなボディが
どーも苦手で・・・ずっしりの一眼レフタイプより手ぶれしちゃいます。

投稿: ぐりお | 2010年8月 9日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36069437

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏は続く・・・:

« 碁石蜆蝶 | トップページ | みんなちっさいゾ »