« 自由研究格闘中! | トップページ | ミュータントリリー? »

真夏の発芽(汗)

いきなり猛暑がぶり返して参りました!
最低/最高気温は26.5℃/35℃!熱帯夜&猛暑日の一日でした。

こう暑いと飼育・栽培にもいろいろと影響が出て来ますが
ついに恐れていた現象が起きてしまいました。
写真の植物はアツモリソウの一種、
シプリペディウム・・フラブム(Cypripedium fravum)です。
日本名は中国黄花アツモリソウ。
さる園芸筋から売れ残りの処分品だからと半ば押し付けられた一株です。

中国のアツモリソウは気難しいのが多いので、
栽培のやさしいヘンリィ以外は避けていたのですが
これがここまでのところ意外にすんなり暑さに耐えていて
「ほぉ・・・」と様子見モードだったのでした。
しかしやっぱりというかなんと言うか・・・出て来ちゃいましたよ。芽が!

この芽は本来ならこれからまだまだ地下で太り、
本当に順調だった場合、花芽が分化し、一冬越して来春開花する筈でした。
それが今頃動き出したのでは、無事に葉が展開しても
晩秋までにもうひと芽、未熟なヤツを中途半端に作ることになります。
もちろん花など付く筈もありません。

この現象は今までにも起きた事がありますが、
どうも猛暑の夏に起きやすい現象の様です。
アツモリソウはこうした芽出しから次の芽に命を託して茎が枯れるまで
だいたい6〜7ヶ月を必要とするのですが、
この時期を良好な活動期としてカバーするためには
10月から温室に入れるしかありません。
そうすると次の成長がまた春先からずれちゃう事になるんですよねー。

今のところ夏の芽出し現象はこの一株だけですが、
順調に育っている他の株にも出やしないかと、ハラハラしています。

Manatsu_no_hatsuga

|

« 自由研究格闘中! | トップページ | ミュータントリリー? »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36182047

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の発芽(汗):

« 自由研究格闘中! | トップページ | ミュータントリリー? »