« みんなちっさいゾ | トップページ | 今年も登場 -ムラサキツバメ- »

自己流ライトトラップ

未明から朝にかけて少しの雨が降り、その後の雨量に期待したのですが、
時々申し訳程度にポツポツッと来ただけでした。
もっとも今日は土浦市環境保全課主催の行事「親子水のたんけん隊」
でしたので、こちらは降られずに助かりました。
切り口によって都合が違うので、いろいろと気持ちは複雑です(笑)
最高気温の方は久々に30℃を下回り、29℃。最低気温は24℃でした。

昨夜は筑波山麓で「昆虫ナイトウォッチング」でした。
連日のハードスケジュールにちょいうとバテ気味です(笑)
昨日の行事も本日の行事も筑波山麓にあるつくば市の施設、
「つくばふれあいの里」が拠点になります。

結局私は雨をはさんだ前と後の両方を見る事が出来たのですが、
こうからから天気が続くと
たとえ少量でも一発の雨が生物に与える影響って
実に大きいと実感できます。
セミ、サワガニ、チョウ、その他の多くの虫たちが
雨で潤った今日は活動的でした。

この雨がもう一日早ければ良かったのに・・・

というのも、昨日のプログラムの中で行ったライトトラップの結果が
今ひとつだったからです。
昨日は高温、無風雨、高湿度、もともと月無しな上に、
上空が雲に覆われて星も無し。絶好のライトトラップ日和でした。
されど結果は今ひとつ。昆虫の動きが今ひとつ鈍かった感じです。
乾燥の危機にさらされた時、昆虫は動く事をやめて消耗を抑えるのです。
それでも時々姿を現す大きな蛾やカミキリムシに
子供たちは湧いていました。

ところで、そのライトトラップのシステムですが、
時々質問をいただくのでちょっとうちで使用の機材を紹介します(写真)
まず光源ですが、250ワットの水銀灯、
正確にはメタルハライドという種類のライトです。
これはそのまま交流電源にプラグインしても点灯せず、安定器という
機器を挟んで通電することにより安定した点灯が可能になります。
安定器は写真の中央においてある
イレクターパイプを組んだ箱に取り付けてあり、案外重いものです。
使用すると高熱を発するので、安全のため
このようなパイプの中に納めてあります。

光源と白布幕(リフレクター)を取り付けるフレームには
パイプ式のテントのフレームを流用しています。白布幕と光源の取り付け方は
ロケーションによって変わりますが、基本は横から見た時に凸字型に
白布幕を張り、その両側に光源を点灯させるというものです。
今回は沢山の子供たちが取り囲んで観察するため、
背後に立てた竹竿に白布幕を張っています。

雨が降りそうな場合は透明なビニールシートで屋根部を覆うと
光源を濡らさず採集観察を続けられます。昨日は時々ぽつっと来たので
念のためビニール傘を置きました。

このシステム、他にコードリールや防湿のブルーシートを使用していますが、
クルマに一式積み込んでもそれほどの大荷物にはなりません。
しかし、ホントの山奥でやる時には発電機が必要になるので
ちょっと大変ですね。
ライトトラップのシステムは多くのみなさんが工夫を凝らしたものを
ウェブサイトで紹介しています。
これが絶対いい!という決定版はなかなかありませんが、どうも成功の秘訣は
道具より気象条件とロケーションの選び方が大きい様です。

でも、ライトトラップって、わくわくするんですよね〜(笑)
私は調査マニアでもコレクターでもありませんが、
ライトトラップをするときは心が躍ります。

◎ちなみに写真中の人物はスタッフとして昨日の観察会を手伝ってくれた
 当ブログリンクの友人mushizuki氏です。暑い中お疲れさまでした!

Light_trap100808

|

« みんなちっさいゾ | トップページ | 今年も登場 -ムラサキツバメ- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
僕は7日雪入山でライトトラップをやりました。博物館のH先生も7日に筑波山山頂でやってました。雪入山の成果は、全く駄目でした。果物トラップも仕掛けたのですが、それも駄目。
僕のライトトラップは先生の半分くらいの規模です。キャンプ用のランタンスタンドを2つ立てて、シーツを張ります。光源は電源を使える時は丸型蛍光灯と電池式のブラックライト3つです。かなり明るいです。

8日は筑波高原キャンプ場で、ミヤマクワガタ探し(死体1つ発見できただけ)とギンヤンマを追いかけました(オニヤンマはたくさん採集できましがギンヤンマは1頭だけでした)。午後は3時間、女の川に入ってサンショウウオの調査をしました。サンショウウオは6匹確認できました。ちゃんとリリースしました(大丈夫です)。サワガニは小さいのが多かったです。

このシーズンもう1度ライトトラップをやる予定です。

投稿: かぶと小僧 | 2010年8月10日 (火) 00時06分

おはようございます。
ライトトラップって、見ている方もわくわくさせられますね。
我が家の場合は居間の灯りをつけておくだけですが、蝉、トンボ、クワガタ、カミキリ、雨蛙が、縁側の網戸にとりついてきます。

9日明け方の筑波山方面の山々は、西側から尾根を越えてくる雲の波が1000m級の稜線で見られるような、見事なものでした。日の出の時間帯にちょうど筑波山の頭上から虹の右側の柱が立ち上り、左側は柏のあたりにまで広がって立ち上っていました。
東は今年一番の朝焼け、西に当たる利根川から向こうが段階的な雨降りという、非常に見応えのある気象でした。

投稿: 雷蔵 | 2010年8月10日 (火) 08時13分

こんばんは。

昨晩はお疲れさまでした。12日までたいへんでしょうが、がんばってください。わたしも数時間後に福島に出張です。では、また〜

投稿: mushizuki | 2010年8月10日 (火) 22時36分

>かぶと小僧さん
雪入りでライトトラップですか。
あそこは樹林植生がちょっと貧弱なので、あまりすごい結果は
出ないと思いますが、季節を変えて行うと
ちょっとした珍種が出そうな気もします。

この時期見つかるハコネサンショウウオは
まだ外鰓のあるちびばかりでしょう。あれ、かわいいですよね。
ハコネはサンショウウオを飼育している方でも飼育が至極困難な種類らしいですね。
越冬時や産卵時に湧水の地下に入り込んだり、
気温水温とも低温を好んだりと、環境条件があまりに特殊です。

次のライトトラップはどこですか?
私は一度、北茨城の方でやってみたいと思っています。

>雷蔵さん
雷蔵さんのお住まいって、いい環境なのでしょうね。
そちらにはまだゲンゴロウ(いわゆるナミゲンと呼ばれる大きいタイプ)が
いると聞いた事があります。雷蔵さん見た事あります?
朝の景色、文字から想像するだけでもすごいものがありますね。
早起きに縁が無くなって、そういう経験もすっかり乏しくなってしまいました。
すごい朝焼け・・・昔はよく見たものですが。

>mushizukiさん
いやホント、蒸し暑い中お疲れさまでした。
今度はプライベートでやってみたいですね。
福島、気を付けて行ってらっしゃい。お天気がちょっと気になりますね。
また、美しい写真のレポートを期待してます。

投稿: ぐりお | 2010年8月10日 (火) 23時34分

先生、おはようございます。
いつもありがとうございます。
雪入山のライトトラップはネイチャーセンター主催の観察会でした。道具を貸して欲しいと言われたので持って行きました。
以前、水戸のH先生もぐりお先生と同じことを言ってました。隣の三ツ石山の方が面白い結果になるのではないかとも言ってました。それで観察会が終わってから、水戸の観察会の先生と三ツ石にも行ってみたんです。真っ暗闇は当たり前ですが、何か他の恐怖を感じました。先生、実は最近少し見えることがあるんです。博物館のレストランでも見ました。
お父さんはムカデを見て動けなくなってました。
次のライトトラップはどこにするか考え中です。
ハコネサンショウウオは本当に可愛かったです。2週間前に調査で行った時に見たのが忘れられなくて、もう1度見たくて探しました。3~4センチでした。ハコネサンショウウオは飼ってもいいんですか?僕には飼う自信もないですけど、採集したら犯罪になりませんか?

投稿: かぶと小僧 | 2010年8月12日 (木) 09時18分

かぶと小僧さんこんばんは
あと1回のライトトラップ、楽しみですね!
蛾はきらいでしたっけね。特にお父上が・・・(笑)
秋になってからだと蛾が面白いんですけどね〜

で、見えるって・・・(汗)
あ、でもあんまり驚かない。私の周りには結構そういう人いますんで(笑)
私も以前ブログリンクのmushizuki氏と、ものすごコワい経験した事があります。
その時は見えなかったけど聞いた!!

先日も書きましたけど、ハコネはダメですよ。つか無理です。
空中湿度が飽和状態で水温が20℃以下、気温が23℃以下、しかも陸地も広くなんて
とてもとても・・・水族館の大きな環境でなら実現できるかもしれませんが。
幼体のうちだけならウォータークーラー付きの水槽で
何とかいけるかもしれません。
どうしてもというならイモリかトウキョウサンショウウオがおすすめです。
でも、それも天然個体は稀少になっているので、
適正にブリーディングしているショップから買い求めましょうね。
採集も筑波山では違法です。他の生息地も何らかの規制があるところもありますので、
採集は控えた方がいいと思います。

投稿: ぐりお | 2010年8月12日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36099638

この記事へのトラックバック一覧です: 自己流ライトトラップ:

« みんなちっさいゾ | トップページ | 今年も登場 -ムラサキツバメ- »