« もくとり | トップページ | コウホネ絶好調 »

何掴むや 真紅の手

お彼岸ですね。
今日は私もお墓参りに行って来ました。

彼岸と言えばヒガンバナ。庭の株も開花が間近です。
葉も何もない地面から、いきなりにょっきりと現れた時の姿は
キノコの一種かと思うような様ですが、
1〜2日で先端の苞から真紅の蕾が顔を出します。
この頃の花茎の伸び方はものすごくて、
一日で5センチから7センチも高くなります。

写真の株は蕾が5つ。
何だか地中からにゅっと伸び出した手のように見えます。
周りにも同じ様な手がいくつも伸びていて、
まるで天の何かを掴もうとしている様です。
どの手も数日のうちに花火の様にスパークした、
美しい花を咲かせる筈です。一体何を貰って咲くのでしょうね?

Higanbana_tsubomi

|

« もくとり | トップページ | コウホネ絶好調 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36837475

この記事へのトラックバック一覧です: 何掴むや 真紅の手:

« もくとり | トップページ | コウホネ絶好調 »