« 雨の吊舟祭 | トップページ | 今日は十八夜・・・かな »

小菜葱の青冴える

残っているセミはどうしたのかと心配になる気温が続いています。
今日は最低気温が14.5℃、最高気温は17.5℃!でした。
体が付いて行きませんよねえ、まったく・・・(笑)

この涼しさで、ひと際色の冴えた花があります。
・・・写真の花、コナギ。
田んぼの強雑草ですが、花はとっても可愛らしいです。
直径12〜13ミリ程度とちっちゃいですけどね。

猛暑の頃からちらほら咲いていましたが、その頃はずっと薄い花色で、
見た目ちょっとねぼけた薄紫という感じでしたが、
今日咲いた花はぐっと冴えた青紫で、親戚のミズアオイのようです。
ちミズアオイの別名はナギ(菜葱)またはミズナギ(水菜葱)ですから、
コナギという名は、ミズアオイと相対的に付けられたものだと分かります。

ちなみに今日ネギに当てられている「葱」という字は
食用の草である事を意味するそうで、古来食べられる草はだいたい
「葱」と呼ばれていたとか・・・
まあそんな次第で、ミズアオイもコナギも夏の貴重な野菜として
広く食べられていた時代もあったようです。

私はまだどちらも食した事が無いのですが、
太い茎の組織が水分と空気をたっぷりと含んだ「シャリっ」という感じは
確かにネギに通じるものがあって、それほど抵抗無く口に入りそうです。
このかわいい花も、サラダのトッピングに使ったら、
ちょっとお洒落かもしれませんね(笑)

Konagi1009

|

« 雨の吊舟祭 | トップページ | 今日は十八夜・・・かな »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36906189

この記事へのトラックバック一覧です: 小菜葱の青冴える:

« 雨の吊舟祭 | トップページ | 今日は十八夜・・・かな »