« 白いノダケ | トップページ | 池の初秋2010 »

途中です

雨が止んでくれないもので、写真もなかなかとれず、
小降りの時を見計らって雑木林エリアで無理してシャッター。
それがこのカットなんですが、色で分かる通りこれ、ヒガンバナです。
まだ開花の途中の状態です。これって、なんか別の花を思い出しません?

そうそう!ヒガンバナと同属のキツネノカミソリです。
どうしてそう見えるのかというと、それはおそらく
花弁(花被片)がちょっとしか反り返っていないからですね。
勿論花色がキツネノカミソリではちょっとくすみ加減のオレンジなので
そこはだいぶ印象が異なりますが、
この2種の基本的な花の作りはごく近いとわかります。

あ、でも雄しべが長く突き出す所もヒガンバナ特有かもしれません。
このパッパッと放射状に広がる雄しべとぐるんぐるんにカールする花弁が
あの独特の花火の様な全体像を作り出すんですね。
でも、この段階の雄しべは先端の葯がダークレッドで
妙に目立つものだと感じました。
完全に咲いて花粉が弾け出してからの印象とちょっと異なります。

ヒガンバナの花は雨に弱くて、濡れると早く傷んでしまいます。
まだこれから出てくる花茎も少し残っていますが、
冷たい雨が早く止んでくれないと気を揉んでいます(笑)

Higanbana_kaikatochu

|

« 白いノダケ | トップページ | 池の初秋2010 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36962125

この記事へのトラックバック一覧です: 途中です:

« 白いノダケ | トップページ | 池の初秋2010 »