« 脳茸 | トップページ | 小菜葱の青冴える »

雨の吊舟祭

一日中降り続いた雨は、まだまだ止む気配がありません。
今日の最高気温は22.5℃。なんと日付が変わった直後に出たものです。
朝は18.5℃で、日中もほとんど上がらず結局22.5℃を超えませんでした。
一方午後から下がり続けている気温は既に朝の気温を下回り、
22:10現在で15℃!ここまでの最低気温です。

雨に濡れた庭でヒガンバナとツリフネソウが咲き始めました。
ヒガンバナの方は一週間前後で花が終わってしまいますが
ツリフネソウは10月一杯まで咲き続ける、花期の長い植物です。

50センチ程に伸びた草体の先端近くに
舳先がくるりんと巻き上がったピンクの船がいくつも吊り下げられる様は、
まるでお祭りの飾りの様です。
船の舳先に溜まった蜜が多くの昆虫達を歓迎しますが、
今日のオープニングは生憎の雨天となりました。
それでも写真の花にはコハナバチがやって来ていました。

晴れの祭は日曜日頃までおあずけとなりそうですが、
フェスティバル期間が長いので心配無さそうですね。

Tsurifunesou1009

|

« 脳茸 | トップページ | 小菜葱の青冴える »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どーもです。
ぐりおさんのところでは、ツリフネソウは今開花時期なんですね。
こちらとは2ヶ月くらいは違うかなぁ。
いま、こちらは今年のシメの花がピークを過ぎましたが、
咲いてます。
エゾノコンギクとオオハンゴウソウが、まだ国道脇で見られまーす。
ただ、オオハンゴンソウって帰化植物で、在来種を脅かすので
問題になってるんですよね~。

投稿: こー | 2010年9月24日 (金) 18時25分

こーさんどもでーす。
こーさんちには、これじゃなくって黄色い方があるんでしたよね。
キツリフネは、こちらだとちょい山地に入らないと見られません。
キレイだから栽培してみたい気もするんですけど、
平野部だと上手く行かないかもって思って手を出していません(笑)

オオハンゴンソウは、特定外来種に指定されていますよね。
涼しいのが好きな種類だからこちらだと見かけませんけど
似た様な花を咲かせるキクイモやイヌキクイモが
やはりあちこちの道端や空き地にはびこっています。
この手の植物って、強いですよね〜

投稿: ぐりお | 2010年9月24日 (金) 19時15分

どもです。
キツリフネ、もうほとんど終わっていて種も落ちてないかもしれませんが、採取できたら送ります?
うちじゃあ、雑草のように生えてるんですよ~。
贅沢にも、雑草抜きならぬ、キツリフネ抜きをしなくてはならないんです。
あ~、他の山野草もキツリフネ見たく爆殖してくれないかなぁ。
「うちでは、アツモリソウとかフタナミソウが爆殖して雑草化してるので足の踏み場もなくなるので抜いてるんですよ~。」
って言ってみたーい。(笑)

投稿: こー | 2010年9月25日 (土) 07時57分

こーさんどもですー。
あ、キツリフネ!もしタネが拾えたら何かのついでにお願いしますです。
そういえば、こーさんあらためてうちのコタヌキモ(と思う)、
キープしておきます?
必要でしたら越冬芽になるまえに確保しておきますので、
ここでも私信でも構いませんのでおっしゃって下さいませ。

>(爆!)アツモリソウもフタナミソウも、
さすがに一年草のキツリフネみたいにはなかなかいかんでしょうね。
でもアツモリソウって、条件がいいと結構殖えるものみたいですよ。
暑くない場所でさえあれば、肥料分も好むらしいです。
昔は長野や岩手では放牧地に沢山生えたとか。
中国のアツモリにやたら自然交雑個体が多いのも、
条件が合えば本来実生株の形成が盛んなランである証拠と言えるのかもしれません。
ほんと、足の踏み場も無い程殖えたら幸せだわ〜(笑)

投稿: ぐりお | 2010年9月25日 (土) 23時53分

どもでーす。
キツリフネの種子今年は無理だとしても来年までに必ず送りまーす。
昨日チラ見してきたんですが、今年はもう終わったような・・・・・・。

コタヌキモはちょっと今は水槽がピンチなので
遠慮します。
水槽のバランスが狂ってしまって
名前は忘れたんですが、やっかいな藻が生えだしたのよね~。
近々90センチ水槽丸洗いです。

投稿: こー | 2010年9月26日 (日) 16時51分

こーさんどもっす!
90センチの丸洗いは疲れそうですねー(笑)
厄介な・・・って、ひょっとしてラン藻?
うちはやはり室内で管理している水槽にこのラン藻が出て困っています。
なかなか完全排除が難しいんですよ〜。
水換えの時にはバラバラにちぎれて縮こまってるくせに
水換えが終わって数時間もするとペロ〜んって広がり出して・・・
あの、毒々しいビリジアンが目障りで仕方ありません(笑)
なんかいい撲滅法はないかなあ・・・

キツリフネの件は無理しないで下さいね。
アレも飛び散るタネだから、時期が過ぎると見つけるのは難しそうですね。

投稿: ぐりお | 2010年9月26日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36893425

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の吊舟祭:

« 脳茸 | トップページ | 小菜葱の青冴える »