« 今日は十八夜・・・かな | トップページ | 途中です »

白いノダケ

このところ毎日気温で「!」してますが、
今朝の寒かった事と言ったら・・・「!!!」ものでした。
最低気温はにゃんと8.5℃!。日中は日射しの後押しで上がったものの
それでも21.5℃でした。
午後は途中から雲が広がり、夜になって雨模様。
今回の秋晴れは短いものでした。

庭の下草は徐々に秋の花が賑やかになって来ました。
そろそろフィナーレのヤマハギと入れ替わる様に
ユウガギク、シラヤマギク、そしてセリ科のノダケが咲き始めています。
ノダケの蕾や花のチョコレート系赤紫は、一見地味ですが印象に残る色です。
そんなノダケの中にあれ?という一株を見つけました。

写真の花がそれなのですが、ご覧の通り真っ白!
どうやら赤紫の色素が抜けてしまったアルバ個体のようで
ノダケとしては非常に奇異に見えます。
ちなみに普通のノダケの花は右下の黄色い枠の花色です。

でも、ノダケの花としては変わり種ですが、
セリ科の花色において「白」は最も多数派なので、
そういう目で見るとむしろ非常に普通っぽく見えてしまいます。

我が家のノダケは庭に植えた植物ではなく、
元々この地にあった株が毎年勝手に殖えています。
やはり数が増えると、こういう個体も発生するという事なのでしょうね。
ノダケは多年草ですが実生増殖の依存率が高く、
多年草としてはそれほど長寿ではありません。
種子の結実率・発芽率は抜群なのですが、
頻繁に虫が来て受粉する植物なのでまず自家受粉はしないと思われます。
ですからこの株にできた種子を実生しても、
白花が咲く確率は相当低いのではないでしょうか。

と、なるとこの白花を保存するためには株分け更新して老化を防ぎ、
別の場所に移植する作業を怠ってはならないという事になります。
さて、そこまでしてこの白花を残すべきか、
この株は天寿に任せ次の奇跡の出会いを信じる事にするか・・・
・・・迷うところです(笑)

Nodake_alba

|

« 今日は十八夜・・・かな | トップページ | 途中です »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 かりそめの出会いとするか、大事に守り育てるものとするか・・・。
迷うところですよね~。
人生いろいろ【これぞ人生の分岐点ッ!?】ってことが多すぎて
思いまどうばかりのくわでんですが、その後どう【決断】されたのでしょうかA^^;)
 ノウタケはじめ(在京時にはんぺんを初めて食した時に「・・・別にお金出してまで食べんでもええかな~」って思ったんですが、ノウタケもそんな感じで。ぐりおさんが【これぞっ!】っていう調理法を編み出されたら、ぜひ教えていただきたいです)、
マタンゴの季節、そろそろ散策始めねばと己が尻を叩いているくわでんでした。
 二枚貝、確保できますように!

投稿: くわでん | 2010年9月29日 (水) 00時54分

くわでんさんどうもです!
白いノダケはとりあえずそのままにしてあります。
あと1〜2年はそのままでも株が生長し続けると思うので・・・
この白いノダケにもちゃんと虫が集まって来ますが、興味があるのは
そうして受粉して出来た種子から、どのくらいの割合で
白い花を咲かせる個体が登場するのか?です。
確かめてみたいのですが、とてもそこまで手が回りそうにありません(笑)

今日は筑波山に登って、キノコも何種類か見て来ましたよ。
フクロツチガキがかわいかったです。
山歩きが楽しみな季節になりましたね。

投稿: ぐりお | 2010年9月29日 (水) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/36942167

この記事へのトラックバック一覧です: 白いノダケ:

« 今日は十八夜・・・かな | トップページ | 途中です »