« 企画展にいこう3 | トップページ | マイ秋桜 -サクラタデ- »

枯れ葉モード -キタテハ-

今日もまた外に出ると日射しにちょっと汗ばんでしまう陽気でした。
とはいえ季節は少しずつ確実に進んでいるようで、
庭のガマズミの実が深い赤に染まって来ています。

この時期、成虫で越冬する昆虫たちは
越冬対策を施した姿で登場しはじめます。
掲載の写真は去る11日に筑波山に登った際に
いくつかの昆虫や植物の写真を撮影した中の一枚です。
チョウの名前はキタテハ。撮影地は筑波山の御幸ヶ原ですが、
平地でもごく普通に見られる秋の定番チョウですね。

キタテハの場合、夏型にくらべこの時期登場する秋型は
翅のへりのギザギザがいっそう尖って、
バットマン風のシルエットになります。
これは枯れ葉の中に紛れて越冬する際に、周囲の枯れ葉に溶け込むデザインで
翅を閉じると枯れ葉調の色と模様を持った翅の裏面が、
このギザギザとあいまってチョウがいるとは気付きにくくなります。

冗談みたいな話ですが、
子供の頃はこれはぼろぼろになったのだと思って
その哀れな姿に秋の深まりを感じるという、
大きな誤解をしていました(笑)
でもある日図鑑で真実を知ってからはこの翅の形が
かっこ良く思える様になりました。
このように秋型で翅のギザギザが大きくなるタテハチョウは
他にも何種類かいますが、
中でもシータテハというヤツが極めつけにギザギザしています。
キタテハはその次くらいにギザギザの枯れ葉モードです。

翅の表はオレンジ色ですが、多少個体差があるらしく
新しい個体なのにもっと色が薄くでくすんだようなものも見られます。
写真の個体は標準的な色合いでしょうか。
後翅の青い点がとても洒落たアクセントになっていますね。
越冬の際はこの姿でじっとしていますが、
温かい日にはひらひらと舞い飛ぶこともあり、眠りは浅い方みたいです。
落ち葉の季節にまた会えると嬉しいなあ・・・

Kitatehatsukuba

|

« 企画展にいこう3 | トップページ | マイ秋桜 -サクラタデ- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37266433

この記事へのトラックバック一覧です: 枯れ葉モード -キタテハ-:

« 企画展にいこう3 | トップページ | マイ秋桜 -サクラタデ- »