« 御幸ヶ原の賑わい | トップページ | 西から来たマイマイ »

大御堂の大椎

今日はすっごく暗い曇天で、いつ雨が落ちて来るかと行った様相でしたが、
雫が当たったのは昼前のほんの一時だけでした。
時々カッと照る日射しがまぶしかったりして、あれ〜初夏っぽいなー・・・
なんて思ってしまいました。湿度もちょっと高かったですしね。

写真は先日筑波山に出掛けた際の下山の一コマ。
これ、筑波山神社の脇にある古刹「大御堂」のとても大きな椎の木です。
幹の・・・下の方なんかすごいでしょ!絶対神様宿ってますよね〜(笑)
大御堂には他にもこんな椎の木が何本かあるんです。
お隣の筑波山神社の境内にもすっごい照葉樹が何本もあるのですが、
こういう場所って、特別な結界とかがありそうですよねー。
私はそっちのレーダーが鈍いので雰囲気しか感じられませんけどね(笑)

この周囲はまとまった集落ですから、家もたくさん人もたくさんなのですが、
こういう森林環境があるせいなのでしょう。とても獣が多いのですよ。
私が実際に見たのはイノシシ、タヌキ、ハクビシンの3種類だけなのですが
夜にはムササビも見る事が出来る様ですね。見てみたいなあ・・・

この木がある「大御堂」というお寺は、由緒ある古刹なのですが
お隣の筑波山神社があまりにも有名なため、
森を共有するお隣さんなのにもかかわらず、あまり知られていないようです。
ケーブルカーの「宮脇駅」を神社と反対の方に下りると、
大御堂に下る小さな坂道に出ます。やや急な傾斜に木を遣いながら
6〜7分ゆっくりと進んだ所にこの椎の木が現れます。
根元に立って対峙しているだけで、
何ともいえない不思議な気持ちになります。
途方もない年月、いろいろな事象を受け止めて来たであろうその姿には
不動不朽の風格を感じずにはいられません。

Oojiioomidou

|

« 御幸ヶ原の賑わい | トップページ | 西から来たマイマイ »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
10日日曜日午後、博物館の野外でイタチを見ました。見た人が騒いだので、トンボ池から草村ずたいに菅生沼の方へ逃げてしまいました。間違いなくイタチでした。もっとじっくり見たかったです。博物館にイタチがいるのですから、筑波山にはたくさんの動物がいるでしょうね。僕もムササビ見てみたいです。

投稿: かぶと小僧 | 2010年10月14日 (木) 00時24分

かぶと小僧さんこんばんはです!
ひとつ前のコメントに私がレスしたのと、かぶと小僧さんが
こちらにコメント下さったのがピタリ同時だったみたいですよ(笑)

みましたかー、イタチ!あの辺にも沢山いるはずですが、
姿を見かけることって少ないですよね。
でも野生動物の中では、割と明るい時間でも見かけるかな〜
よく田んぼ道を車で走っていると、目の前をひゅんひゅんひゅん・・・って
うねる様に横切りますね。あの赤茶色ってとてもきれいですが、
あれをみるといっつも、フェレットと交配して
赤毛のフェレットができないもんかなあーなんて思います(笑)

私はですね、もう十数年前のことですが、
取材で菅生沼の上沼(白鳥のえさ場になっているところ)に
白鳥が集まって水草をつついている所をみていたら、
なんと正面の葦はらからホンドギツネが出て来ましたー!
あまりに突然で驚きました!!もちろん白鳥もビックリで、
いっせいに飛び立ってしまいこちらは二度ビックリでした(笑)
きっとキツネにつままれたような顔してたと思います(爆)

投稿: ぐりお | 2010年10月14日 (木) 00時51分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
昨日は部活が休みだったので、学校から帰ってすぐと、寝る前にコメントしました。同時だったんですね。
博物館周辺には、イタチはたくさんいるんですね。僕はまさかイタチがいるとは!?と驚きました。他のお客さんたちは、他の動物の名前を言ってましたが、僕はすぐにイタチだ!と思いました。図鑑でも調べましたが、間違いありませんでした。それからキツネですが、菅生沼の向こう側で死体を見たことがあります。カラスが死体を食べていて、丁度、目玉をくり抜いて食べるところでした。研究室にも電話で報告しました。

投稿: かぶと小僧 | 2010年10月14日 (木) 17時40分

かぶと小僧さんこんばんは!
かぶと小僧さんもキツネを確認していたんですね。
う〜〜〜む、でもどうして死んでしまったんでしょう・・・
最近のことですか?
きっと私が見たキツネさんのご家族の方ではないかと思います。合掌!
あのあたりは菅生沼をはさんで両側に照葉樹の森があったりして、
案外大型ほ乳類が棲める環境が残っているのかもしれないですね。
とても貴重だと思います。

でも今時は、いい環境が残っていればこそ、
アライグマやハクビシンなど、外来のほ乳類も競合して入って来ます。
きっと、菅生沼周辺でもそういうことが起こり始めているんじゃないかなあ・・・
ロードキルの恐怖もあるし、わずかに残ったホンドギツネの将来が心配です。

投稿: ぐりお | 2010年10月14日 (木) 18時13分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
死んだキツネを見たのは6年生でしたから、2年前です。博物館から菅生沼を渡って、突き当たりを左へ行って、テニスコートの下の崖に倒れてました。タヌキはよく道路で車に跳ねられて死んでいるのを見ますが、キツネは初めて見ました。何で死んだんだろ?車が走ってるような場所ではないし…。大型の哺乳類がいるなんて言うと、うちの親は怖がりますよ。苦手中の苦手ですから(笑)。

投稿: かぶと小僧 | 2010年10月14日 (木) 21時56分

かぶと小僧さんのお父上は、
蛾だけじゃなくってほ乳類もダメなんですか?
まあ、この辺で動き回っている分には、犬猫と違って
お目にかかる方が難しいでしょうから、そう心配はいりませんけどね(笑)
あ!そうか、ひょっとするとその犬猫も苦手だったりするのかな(追笑)

今年は初夏までやたら寒くて、それ以降は延々と続く猛暑だったでしょう。
どうなることかと思っていたら、
やはりここへきてクマやイノシシの被害が続出ですね。
だから東北や北陸に限らず、関東でも山間部に出掛ける際には
ちょっと注意が必要かもしれませんね。

投稿: ぐりお | 2010年10月15日 (金) 18時26分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
あんまり書くと怒られそうなんですが…。その犬が一番の苦手です。子供の頃から駄目なんだそうです。猫は怖がりませんが、絶対に近寄りません。多分触れないと思います。毛の生えた哺乳類は全般的に駄目なんです(大笑)。移動動物園とかふれあい動物園があると遠回りしています。熊、猪が出没したニュースを見るだけで怖がってますから。実は蛾だけじゃないんですよ。虫もカブトムシとクワガタくらいです、大丈夫なのは。ヘビもトカゲ系も駄目です。妹は正反対です。何でもグワッシと鷲掴みして噛みつかれて泣いてます。夏休みはオニヤンマに噛まれて泣いてました(大爆笑)。

多分怒られます(汗)。

投稿: かぶと小僧 | 2010年10月15日 (金) 19時23分

かぶと小僧さん、お父上には大変申し訳ないのですが、(爆!)してしまいました。
しかし、それほどいろいろな生き物を苦手としているにもかかわらず
かぶと小僧さんを全面的にバックアップしている姿には
同じ父親として非常に感銘を受けます。

とんぼ娘・・・じゃなかった妹さんもパワフルというかハイパーというか、
頼もしい限りです。・・・が、今頃かぶと小僧さんが
グワッシとされているのでは・・・と少々心配です(笑;)

投稿: ぐりお | 2010年10月16日 (土) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37205678

この記事へのトラックバック一覧です: 大御堂の大椎:

« 御幸ヶ原の賑わい | トップページ | 西から来たマイマイ »