« メスも無事に・・・ | トップページ | ハギのお客さん »

窮屈そうに開花(笑)

昨日も今日もお天気はまずまずで、出掛けたりは出来ませんでしたが、
朝夕に少し庭の草取りをすることが出来ました。
我が家の庭では毎年何種類かの強雑草との戦いが繰り広げられるのですが
この時期手強いのがメヒシバ、セイタカアワダチソウ、ススキ、
オオアレチノギク、クワクサ、そしてミズヒキです。

ミズヒキが雑草?と思われる方もいるかもしれませんが、
あれは殖え出すと非常に手強いです。
そしてこの時期に何が何でも抜き取らねばならないのが
メヒシバとクワクサ。この2種類もちょっと油断すると大量のタネを落とし
翌年どうしようもなくなってしまいます。
タネが熟す稲がラストチャンス。頑張らねば・・・

写真はゲンゴロウの90センチ飼育水槽に入れてあるホテイアオイの花。
蓋の網を突き抜けて開花しています。
じつは水位を水槽の半分程にして飼育しているため、
今までは水槽内の空間で普通に開花していたのですが、
この間の雨続きで水槽の水位が上昇してしまったのです。
スリムな蕾の状態だと難なく網の穴を抜けられるのでこうなるのですが、
大きめの花がこうして開花しているのをみるのは、何とも妙なものです。
花はきれいなのですが、何だか息苦しくなって来ました(笑)

Hoteiaoi_suisou

|

« メスも無事に・・・ | トップページ | ハギのお客さん »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

ミズヒキって、強雑草なんですか。
知りませんでした。
教えていただきまして、ありがとうございます。

昔、ミズヒキがお隣さんに生えていて、可愛いなあ、ウチにも来ないかなあと眺めていたので、生えてきたときにはとても嬉しかったです。

その思いがあるので、そのまま愛でております。

私の悩みはタンポポです。

子ども達は「フゥーッ!」が好きなんです。

自宅の綿毛だけでは飽きたらず、道ばたからもいただいてきて庭で散布するので、年々タンポポの数が増えております。

たぶん、あと数年でやらなくなると思うので、それまでは地道に草取りしたいと思います。

ぐりお先生の草取りが、お腰に響きませんように。

投稿: mari | 2010年10月 4日 (月) 19時31分

mariさんお久しぶりですね!

・・・あるんですね、ミズヒキ(笑)
でも、花後の管理をちゃんとすれば別にどうということはありませんですよ。
ミズヒキの赤いつぶつぶのひとつひとつは、「かわいいなあ・・・」と
思っているうちにちゃっかり結実してしまい、あの赤ずきんちゃんの姿のまま
一皮むくといつの間にか立派な種子になっています。
で、この種子がまた発芽率抜群!(笑)

そして、ひとたび株が出来上がるとじつにしっかりと根を張ります。
だから、抜こうと思っても株元から茎だけがパツッと切れて、
根株はしっかりと残ります。これを掘り出すと
細かい根が土を密に抱き込んで一体となり、重いんです。
うちは油断したため、すごい勢いで侵略されつつあります(笑)

タンポポって、小さい苗の時は存在感がないのに
ある程度になって花を咲かし出すと「ふふ、もう手遅れさっ」って感じで
深〜く根を下ろしてますよね。
本葉が最初の1〜2枚の頃に見つけられればまだ抜きやすいんですけどね・・・
ブタナとタンポポに関しては、私は半分諦めました(笑;)

投稿: ぐりお | 2010年10月 4日 (月) 23時32分

ぐりお先生、こんばんは。

私のことを覚えていてくださって、感激です。
どうもありがとうございます。

草取りのお話ついでに伺いたいのですが、我が家のブロック塀と駐車場のアスファルトの隙間にヤマグワ(?)が生えています。

葉っぱの形が複雑で、かっこいいなと思うのですが、通路をふさぐので気になると切り取っています。

でも、葉っぱを全て取っても、高さ数センチの細い幹だけになっても再生するんですよ。

その力強さは素晴らしいなと思いつつ、でも庭ではご遠慮いただきたい植物なんです。何かいいお考えがあれば、教えてくださいませ。

悩ませてしまったら、ごめんなさい。

投稿: mari | 2010年10月 5日 (火) 19時59分

mariさんこんばんはです。
>私のことを覚えていてくださって、感激です。
って、この前おいで下さったのもそんなに昔のことではないでしょう(笑)
またコメントいただけて嬉しいです。

ブロック塀とアスファルトの間・・・ですかあ。
根元の太さがどれくらいなのかわかりませんが、
塀の基礎は大丈夫ですかね。ちょっと心配・・・

ヤマグワじゃないとしたらきっとヒメコウゾ。このどちらかでしょうね。
で、とっておきたいのならどちらも挿し木の発根率がとても高い種なので、
元気な枝を挿してみて、付いたようなら
元の株は根元から出来れば抜くか、切っちゃいましょう。
丈夫な木ですから切ってもまだ萌芽しますが、そこは根気の勝負です。
枯らす薬もありますが、出来れば切って光合成をさせないのが一番ですね。
うちもクサギというしぶといヤツに悩まされています。
花も実もかわいくて、鳥もチョウも寄せる木なのですが、
小株を出しすぎるやっかいものなんですよ〜。

投稿: ぐりお | 2010年10月 6日 (水) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37060190

この記事へのトラックバック一覧です: 窮屈そうに開花(笑):

« メスも無事に・・・ | トップページ | ハギのお客さん »