« 筑波山の自然展 | トップページ | 大御堂の大椎 »

御幸ヶ原の賑わい

Asagimadara3101011

ちょっと暑い位の好天でしたね。
気持ちいい空気に誘われ、午後から筑波山に登って来ました。
朝から素晴らしいお天気でしたので
こりゃまともに行ったら車をとめるところも無いだろうと判断し、
当地から見ると裏側にあたる桜川市側からアプローチしました。

二つの山頂の間に広がる御幸ヶ原に着いてみると、
「やっぱり・・・」の大賑わいでした。
御幸ヶ原も今日は風がほとんどない穏やかな晴天で、
お花畑もチョウの賑わいでした。
先週はあまり目にしなかった御幸ヶ原名物のアサギマダラも
今日はひらひらと優雅に舞う姿が見られました。
個体数もこの時期としてはまあまあで
一度に視界に入った最高数は7個体でした。

望遠レンズを持って行かなかったので小さいですが、
写真のカットがその様子。このカットには3個体写っています。
もうだいぶ角度が浅くなった午後の光は
アサギマダラの舞うお花畑のあたりに細かな明暗を作り出しているので
その中で舞うアサギマダラも翅の表情が豊かでした。
時々、下の写真のように逆こうのスポットライトを通過するとき
翅の透かし彫りが光って浮かび上がり、なかなか幻想的・・・

Asagimadara101011mini

でも賑わう人のほとんどは、
すぐ傍らのアサギマダラの賑わいに気付かないようで、
カメラを構える私に「何を撮っているのですか?」と訪ねて初めて
この大きく優雅なチョウに気付き、感嘆の声をあげます。
せっかくここまで登って来てこれを見ないのはちょっと勿体ないなあ・・・

|

« 筑波山の自然展 | トップページ | 大御堂の大椎 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
筑波山は麓くらいまでだったら行ったことがあるような・・・・・・。
もう結構前なんですが、なんかイベントをやっていたので
当時茨城に住んでいた親を連れて行ったような・・・・・・。
陶器市だったかなぁ。なんかやってたので行ったんですよ~。
当時ぐりおさんを知ってたら、筑波山のガイドをお願いしたのになぁ。
ざんね~ん。

投稿: こー | 2010年10月12日 (火) 06時47分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。

僕も夏休みの生物調査の時、博物館のI先生と桜川ルートで山頂に登りました。先生は筑波山に何度くらい登っているのでしょうか?僕はまだ7~8回です。桜川ルートは1回だけです。
17日は「まるかじり」なので、アサキマダラが飛んでくれることをずっと願ってました。先生の記事を読んで少しホッとしています。
博物館の企画展示で、協力者の看板に先生の名前がありました。なんか嬉しかったです。水戸のH先生、土浦のS先生、牛久のE先生、4人も知っている先生の名前がありました。実はありんこアントの時には僕の名前もH先生が載せてくれました。小学4年生の終わりころでしたから、ずいぶんと色々な人に自慢してしまいました(汗)。

投稿: かぶと小僧 | 2010年10月12日 (火) 20時07分

>こーさん
あら、筑波山麓で陶器市ですか。どこだろう・・・
もうこっち来ることって、なかなか無いのですか?
ほんとに残念ですねー。その当時お知り合いだったら、
いろいろ引っ張り回したところですが(笑)

そうそう、サケの釣果すごいすごい!!
おめでとうございます〜

>かぶと小僧さん
そうですね〜私は今まで何回くらい筑波山に登ったのだろう・・・
初めて登ったのが昭和58年の8月。以来少なくとも50回以上は登っていると思いますよ。
そのうち仕事の関係で、ここ数年で20回ほど登ったかなあ。
桜川市側からは1年振りでしたが、やはりいいですね。好きなコースです。
登る距離があまりにも短く、ちょっと物足りないですが(笑)

博物館まだ行けてません。早く行きたいっ!!
おおっ、ありんこアントの時はそうでしたか!えっ!?あれもうそんな前でしたっけ?
うわー時が経つのは早いなあ!!そういえば年とったもんなぁ・・・(笑)

投稿: ぐりお | 2010年10月12日 (火) 22時57分

先生、こんにちは。いつもありがとうございます。
ありんこアントは2007の3月でした。その年の10月、5年生の秋に先生と水戸のH先生とNHKのアナウンサーの座談会があったんです。あの時に、先生から会場へ質問があって、僕が指されて「ナミテントウ」と答えたのが最初の出会いでした。その時、先生に「ナミテントウまで答えるとは凄いなぁ」と言われたのを今でも覚えてます。嬉しかったです。
また座談会やって欲しいです。
筑波山登山50回以上ですか、やっぱり凄いですね。

投稿: かぶと小僧 | 2010年10月13日 (水) 15時15分

かぶと小僧さんこんばんは!
そうか、ありんこアントはあの少し前でしたね。
座談会面白かったですね。あの時の出会いがこうして今でも
楽しいお付き合いとして続いているのですから、不思議なものです。
ほかにも何人かの方と、
あの座談会をきっかけにお付き合いさせていただいています。

私の知り合いの中にも「筑波山は毎月1回は登っている」という方が
複数います。そういう方は時間のある年配の方が多いのですが、
中には30台のサラリーマンもいて、頑張るなあと感心します。
こういう人は、きっと50回どころじゃないでしょうね(笑)

投稿: ぐりお | 2010年10月14日 (木) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37191012

この記事へのトラックバック一覧です: 御幸ヶ原の賑わい:

« 筑波山の自然展 | トップページ | 大御堂の大椎 »