« 西から来たマイマイ | トップページ | 企画展にいこう3 »

コシオガマの保存

曇りでもなく晴れでもなく、暑くはないが寒くもない・・・
ちょうどいいっていうより、中途半端って感じの一日でした(笑)
庭の草花もオミナエシ、ホトトギス類、ハギ、ヒガンバナなど
秋の前半種の開花がそろそろ終わり、
それに続く中盤種が見頃を迎えています。

写真の花はコシオガマ、これも我が家の庭では秋の二次走者で
今月下旬まで咲き続けそうです。ご多分に漏れず今年はちょい遅めですね。
シオガマギクの仲間は可愛らしい花を咲かせる種が多いのですが、
大半は高山植物なので、関東地方の平地で簡単に栽培することが出来ません。
そんな中唯一平野部に見られるのがこのコシオガマですが、
(属はシオガマギク類とは異なります)
これはこれで栽培しようとすると結構気難しいらしいですね。

コシオガマは半寄生植物と言われていますが、
いまだに半寄生の実体をこの目で確かめることは出来ていません。
ただ、人工的な栽培がなかな上手くいかないことと
半寄生であることは、何か関係がありそうですね。
我が家は幸い元々この植物が生えていた環境だったため、
一切管理をしなくても毎年この花を見ることが出来ます。
逆にいじらない方が上手く行きそうな気がします。

一昨年の10月7日、このブログで紹介した時は
そこそこ日当りの良いノシバの中から生えていたのですが、
毎年ちょっとずつずれて生えていて、
これが意外なことに日陰方向に移動しています。
他の自生地を見ると割と日当りに生えている様なんですが・・・

この植物で心配なのは一年草だというところです。
昨年も一昨年も、せっかく実った朔果を虫に食べられ、
わずかな量の種子しかとれませんでした。
今年はどうなんでしょう・・・
来年こそ地下の半寄生の現場に迫る為にも、一部の茎にネットを掛けて
種子をたくさん確保した方がいいかな〜と思っています。

Koshiogama1010

|

« 西から来たマイマイ | トップページ | 企画展にいこう3 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37232920

この記事へのトラックバック一覧です: コシオガマの保存:

« 西から来たマイマイ | トップページ | 企画展にいこう3 »