« 猛暑に打ち勝った「大」 | トップページ | 生憎の雨天、でも着工!! »

アカタテハの赤

今日もいいお天気でした。最低/最高気温は16℃/23.5℃。
予報では一日曇りとのことでしたが、朝方雲が多かった以外は
概ね晴れ、クルマに乗っている時は窓を開けても少々暑い位でした。

写真は昨日に引き続き筑波山でのカットから・・・
この時期平地でも山地でもよく目にするチョウ、アカタテハです。

筑波山は「双峰」と呼ばれる様に、男体山、女体山と頂上が2つあり、
その間には「御幸が原」という少しばかりの平坦な部分があります。
筑波山神社脇の登山口から出発したケーブルカーの到着駅がここにあり、
観光的にはここが「プレ頂上」の扱い(笑)、お土産屋さんも並んでます。

この御幸が原の周辺部にはちょっとしたお花畑があり、
上昇気流に乗って舞い上がって来たチョウたちの遊び場になっています。
この季節だとトネアザミ、ノコンギク、シロヨメナ、ツクバトリカブトなど
可愛らしい野草が沢山の花を咲かせています。
本当はちょっとしたヒヨドリバナの群落もあり、
アサギマダラが頼りにしてそこに集まるのですが、
何とあろうことか刈られてしまいました。
彼等が長旅の疲れを癒す重要なポイントなのに・・・

で、昨日この場所で一番目立っていたのが
おそらく羽化して間もないであろうこのピカピカのアカタテハでした。
アカタテハという名前が付いていますが、翅のほとんどは地味な焦茶色で
赤と呼べる部分の面積は限られています。
しかしこの部分が相対的にとても目立つので、
やはり「アカタテハ」でいいのでしょうね。

ところがこの赤色、写真に撮るとなかなか出ないんですよー。
まあ、ヘタと言われればそれまでなんですけど(笑)
まっ赤という訳じゃなくて、朱色でもない・・・オレンジでもありません。
朱色にちょっとだけ肌色を混ぜて、サーモンっぽい感じに振った色、かな?
ちょっと蛍光っぽい、ある意味まっ赤よりビビッドに見える色です。
子供の頃からアカタテハのこの色が大好きでした。
だから毎年新鮮な個体のアカタテハに出会うと、
岩手に住んでいた頃に初めて見た時の記憶が鮮明に甦ります。
場所や時間も含めて鮮明に・・・
その時は、やはりちょうど前後して出会った
クジャクチョウと同じ位きれいだと思いました。

どうも私は子供の頃から、自然の中で見つけた色や模様のインパクトに
強く反応する人間だったみたいなんですよね〜・・・
この年になってもまだずーっと引きずってる性質です(笑)

Akatatehatsukuba

|

« 猛暑に打ち勝った「大」 | トップページ | 生憎の雨天、でも着工!! »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。

アカタテハ綺麗な蝶ですね。この時期に羽化するんですね。
来週17日は筑波山でH先生の観察会なので、僕もアシスタントで行きます。アカタテハも詳しく調べておきます。

9月25日は水戸のH先生の筑波山観察会でしたが、台風の影響で中止になってしまいました。残念で残念で眠れませんでした。

明日から博物館の筑波展ですね。ぐりお先生は行かれるんですか?僕が採集して展翅したナガサキアゲハが展示してあるそうなので、早く見たいと思っています。

デムの話ですが、黄色いカタツムリっているんですね。博物館ではコハクオナジマイマイの情報を集めてました。昔は九州にしかいなかったらしいですが、最近は茨城県でも確認されたそうです。見たことないんですよね。

投稿: かぶと小僧 | 2010年10月 8日 (金) 21時15分

かぶと小僧さんこんばんは!
17日の観察会に同行されるのですね。楽しみですね。
明日9日は筑波山展のオープニングですね。
私もご招待いただいていたのですが、今設計担当している
学校ビオトープの工事の立ち会いで、どうしても行けなくて残念!!
来週行くつもりです。

コハクオナジマイマイは、博物館のI先生が情報収集されていますね。
私も頼まれていたので県内の目撃記録をまとめなければならなかったのですが、
・・・かぶと小僧さんに言われるまで、すっかり忘れてました(爆)
いそいでまとめなくっちゃ!

投稿: ぐりお | 2010年10月 8日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37141296

この記事へのトラックバック一覧です: アカタテハの赤:

« 猛暑に打ち勝った「大」 | トップページ | 生憎の雨天、でも着工!! »