« 立面図用樹木をつくる | トップページ | カマキリ大丈夫!? »

見逃すところでした

今日は天気予報が見事にはずれてしまいました。
雨は無し。12〜15時は晴れという予報でしたので
安心して洗濯物を干したまま仕事に出たのですが、やられましたー(笑)

関東地方はここ数年、雲の広がり型の予報が悪い方にはずれる事が多く、
良い様にはずれる事よりずっと多くなっています。
ちなみにはずれた時以外のもともとの曇天率もかなり高くなっていて、
全国的に晴れても関東だけ雲がかかるという事が多くなりました。
関東地方で太陽光発電の導入を検討されている方は、
業者さんが見積もる晴天稼働率の掛け率を
あまり鵜呑みにしない方が良いかもしれませんよ(笑)

さて、写真は温室の中で咲いている(いた)ヘツカラン。
日本の野生シンビジウムとしては唯一と言っていい
花が下垂性の、樹上着生型シンビジウムです。
今年は春からの生長があまり順調ではないと感じていたので
頭っから「開花は無い」と思っていて、咲いている事に今日気付きました。
先端の蕾がしっかり開いていて
付け根側の花の花弁がややクリームがかってきていますから、
咲き始めてからすでに10日前後は経っていると思います。
いやいや本当に全く気付かず、ごめんなさいです(笑)
危うく見逃すところでした。

またよりによって花穂が奥側に垂れていたものですから
余計に気が付かなかったのだと思います。
長く垂れ下がった花穂に付いた花は8輪。やはりやや小規模な開花でした。
パフィオペディルムの環境に設定した温室ですから、
ヘツカランにはちょっと日照不足ということもあるのでしょうね。

鉢内のバルブがやや混んできたので、株分けしてコンパクトに植え直します。
このランに関しては鉢数が増える心配はありません。
なぜなら今回の株分けで、
既に予約が入っているお三方の手元に嫁入りとなるからです。
人気者だなー・・・パフィオと違って(笑)

Hetsukaran2011_2

|

« 立面図用樹木をつくる | トップページ | カマキリ大丈夫!? »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
ヘツカランが開花したんですね。
おめでとうございまーす。

ぐりおさんは、ヘツカランの植え込み材はなにを使ってます?
私はミズゴケなんですが、ミズゴケって植え替えの時が
大変で・・・・・・・。
そろそろうちのも植え替えが必要なんですが、
今度はミックスコンポストにしようかなぁって悩んでます。
実はミズゴケの前は100%バークで植えてました。
ただ、乾かしてしまう傾向があるので
ミズゴケにしたんですよ~。

投稿: こー | 2010年11月28日 (日) 18時51分

こーさんどもです。
うちではミックスですよー。
以前は着生ランのスタンダードな方法という事で
素焼き鉢に水苔でしたが、やはり植え替えが苦痛で・・・(笑)
中粒の軽石にバークを加え、
鉢底石の代わりに砕いた木炭片を入れてますです。
あ、この場合鉢はプラです。
どうしてもパフィオのついでに水やりしてしまうので、
ちょっと水やりが多め・・・なのでなるべく排水に気を付けています。
しかしもっと日に当てないと・・・反省です。

投稿: ぐりお | 2010年11月28日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37853267

この記事へのトラックバック一覧です: 見逃すところでした:

« 立面図用樹木をつくる | トップページ | カマキリ大丈夫!? »