« 今年も見つけた! | トップページ | 見逃すところでした »

立面図用樹木をつくる

Jumoku_siruetto
今朝は寒かったですね。
日中も気温が上がらず、しかもぱっとしないお天気でした。
当地では9時過ぎから小一時間ほどやや強い通り雨がありました。
予報通りでしたが、今年は今頃になって本当に雨が小刻みに降ります。

性懲りも無くまた樹木を作っています(笑)
今回のは前回のパース用と違って、立面図用です。
じつは樹木の立面図って、設計図面だけでなく
植生調査の報告書なんかにも結構使います。
だから、樹種別に作っておくとあとで何かと便利なのです。

上の画像は葉をしげらせる前の枝のみの姿。
樹木は種類によって、枝の出し方に何となく特徴があります。
しかもそれは、生えている場所や人為的な管理方法などによって変わるので、
ひとつの樹種について、タイプ別にいくつか用意しておいた方が
ぐっと使い勝手が良くなります。
上の幹と枝のシルエットはあまりリアルではありません。
ちょっと誇張してあり、しかも葉が乗っかるので手抜きもしています(笑)
全部で6種類、隣り合った2本同士は同じ樹種ですが、
生え方のタイプが異なるため樹形が異なります。
じつはヤブツバキ、コナラ、エゴノキ、アラカシ、ヤマザクラ、スダジイ
(順不同)があるのですが、わかりますか〜?

下の図は葉をしげらせたものです。
パース用と違って、てかりのハイライトをはじめ細かなトーンは省略し
手前の葉は明暗の2トーン、プラス奥の陰になった葉の合計3トーンで
表現してあります。
左からハンノキ、クヌギ、アラカシです。
アラカシは上のシルエットにもありますから、こちらがヒントになりますね。
緑の色味も、樹種によって微妙に違います。
ハンノキは少々幹がおデブです(笑)
今回はちょっと事情があってこうしました。
ほんとはもっとスマートな木ですよ(ハンノキの名誉のため・・・)
クヌギは結構感じが出てるとおもうんですけど、どうでしょ(笑)

Jumoku_3bon

|

« 今年も見つけた! | トップページ | 見逃すところでした »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37844069

この記事へのトラックバック一覧です: 立面図用樹木をつくる:

« 今年も見つけた! | トップページ | 見逃すところでした »