« 臨死体験?(笑) | トップページ | 師走の嵐 »

淡雪の花 -センニンソウ-

今日は予報通り午後から曇りました。
ビオトープの工事作業だったのですが、
気温が高めだったので大変助かりました。
外気温は今(23:40)も、何と12℃あります!
何度か記事に書いた小学校のビオトープですが、
だいぶ工事も進んで全体の雰囲気が見えてきましたので、
もう少ししたら記事にアップします。

今日の写真は先月筑波山に登ったときのものです。
まるで群れ咲く花の様な無数の綿毛は、日本の原種クレマチス
センニンソウ(Clematis terniflora)の果実。
センニンソウは筑波山では随所で目立つつる性植物ですが
ところによりまとまった1株〜数株が非常に良く生育して
ちょっとしたマント群落を形成しています。

撮影した場所は御幸が原を桜川市方面に降りはじめてすぐのところです。
花のピーク時も見事でしたが、秋が深まると綿毛を付けた果実が熟し
一角が淡雪を冠ったように見えます。
センニンソウの果実はタンポポの綿毛のように簡単には飛ばないため
この様子は真冬になってもまだ観察できます。
どちらかというと北斜面の道路沿いなどに多いでしょうか。
私にとっては、筑波山の冬を象徴する植物のひとつです。

Senninsou_kajitsu

|

« 臨死体験?(笑) | トップページ | 師走の嵐 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/37934432

この記事へのトラックバック一覧です: 淡雪の花 -センニンソウ-:

« 臨死体験?(笑) | トップページ | 師走の嵐 »