« 冷え込みが続く | トップページ | 今年も合格(笑) »

うまく乾いたけど・・・

Kunugi_wagiri
これ、クヌギの輪切りです。
直径25センチ程の幹を厚さ5ミリ程にスライスしたものです。
阿見町小池城趾公園の伐倒木からとったもので、
伐採管理を担当しているいばらき森林クラブの方のご好意で
処分するものをスライスして分けていただきました。

じつはこれで表札を作りたいと思っているのですが、
乾燥がなかなか上手くいかなくて・・・・
今回入手したもので3つめ。
タオルにくるんで一年ちょっと。かびないように注意しながら
少しずつ少しずつ乾燥させ、やっとここまで落ち着きました。

一カ所バックリひびが入っていますが、これは仕方が無いんです。
水分たっぷりの生木が乾燥する過程で、どうしてもこれは出来てしまいます。
逆に再び水分を含んだ時に、この部分で調節がなされます。
過去2つのスライスで苦しんだのは、
コルク質の厚い樹皮が剥がれてぼろぼろに崩れてしまう事。
きれいな材断面の色とゴツゴツした樹皮の対比が魅力ですから、
樹皮には何としても原型を保って付いていてもらいたいんです。
だから材質構造の違う樹皮と材部の乾燥速度に差ができないよう、
細心の注意を払いました。

で、ここでまた悩んでいます。
このまま使うべきか、それとも浸透性の樹脂塗料などで
水分の侵入を完全にシャットアウトすべきか・・・
多分後者の方が樹皮を守るにはいいんじゃないかと思うのですが
経験が無いので迷うところです(笑)
でも、せっかくここまでキレイに乾燥させる事に成功したので
ここで失敗・・・というのはどうしても避けたいんですよー。
時間掛かってますしね〜・・・
さあ〜てどうすっぺ(追笑)
だれか良い方法をご存じないでしょうか?

|

« 冷え込みが続く | トップページ | 今年も合格(笑) »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/38138919

この記事へのトラックバック一覧です: うまく乾いたけど・・・:

« 冷え込みが続く | トップページ | 今年も合格(笑) »