« 暮れの元気な御挨拶♪ | トップページ | リベンジ志願 »

余生

今日は午後から南寄りの生温かい風が少し強く吹きました。
こういう時って、北の方で低気圧が暴れてるんですよねー。
被害が出ないといいのだけど・・・
今年は12月に入ってからここまで割合気温が高めでしたので、
この時期になってもジョロウグモやカマキリをよく目にします。
写真はお昼前にウッドデッキをうろうろしていたジョロウグモ。

右の触肢の中程に黒いシミがあるこの個体、
一昨日までは7メートルほど離れたエゴノキに巣を張っていました。
その時には見事に丸く膨らんだお腹をしていたのですが、
二日振りに見たその姿は随分スリムになっていました。

おそらく昨日から今日にかけて、どこかで産卵したのでしょう。
産卵した場所から歩いてウッドデッキにやって来たようで
今いる近くに卵塊を見付けることはできませんでした。

夏にはまだ小さな幼体だったのに、毎日上手に獲物を捕らえて成長し、
秋には数匹のオスを巣に従えて堂々たる姿になりました。
そして今産卵という最大の仕事を終えて、気ままに散歩を楽しんでいます。
もうしゃかりきになってエサをとらなくてもいいし、
雨風の度に網の補修に追われる事も無い・・・
人で言えば、まさに余生ということになるのでしょうね。
寒さに耐えられなくなるのが先か
動くエネルギーが切れるのが先か分かりませんが、
いずれ遠くないうちに命が尽きる事は、多分分かっているのだと思います。
その上で今のこの時間を彼女は、
一体どういう気持ちで過ごしているのでしょうかね。

いずれにしてもここまでの一生、立派なものでした。
脚を見て下さい。キッチリと8本揃っています。
幸運と適切な決断の積み重ねを何よりも証明する姿です。
きっと卵塊も天敵に見つからず、風雨や寒さにも晒されない
最適な場所に産みつけたはずですね。
来春に生まれる賢い母さんの沢山の子供たちは、
やっぱり母親似の賢いジョロウグモになるんでしょうね・・・(笑)

Jorougumo101211

|

« 暮れの元気な御挨拶♪ | トップページ | リベンジ志願 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

特にコメントはないんですが、いつも見せていただいてます。(^^♪

投稿: KEN | 2010年12月12日 (日) 14時32分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
ジョロウグモは苦手な子が多いですね。観察会に集まる昆虫ファンの子たちもほとんど苦手にしています。うちの父親も駄目です。ちょっと綺麗過ぎますかね(笑)。
前の記事のコメントに頂いた、カマキリVSナガコガネグモのバトル、僕も見てみたかったです。カマキリ強いですね!
昨夜は博物館の双子座流星群観察会の手伝いに行って来ました。僕は動物研究室なんですが、イベントの手伝いは研究室に関係なく手伝わせて頂いてます。昨夜は雲が多くて、ほとんど観察はできませんでした(月と木星だけ)。14日20時が極大だそうなので、また空を見上げようと思いますが、三郷じゃ明る過ぎますかね?
21日は皆既月食のお手伝いに行きます。
あと最低1回は博物館に行くので(貝殻の同定)今年は30回以上通ったことになります。特に7月以降は月に4回ペースでした。
ジュニア学芸員になれて本当に良かったと思います。
記事と違う内容になってごめんなさい。

投稿: かぶと小僧 | 2010年12月12日 (日) 23時12分

KENさんお久しぶりです。
来て下さって本当に有り難うございます。
私も秋のお花が終わるまで、
KENさんのブログに連日お邪魔していたのですが
そういえばこのところ自分のブログアップに精一杯で
お散歩していませんでした。
これからお邪魔しようかな(笑)
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ぐりお | 2010年12月12日 (日) 23時15分

かぶと小僧さん、こんばんは!
観察会のお手伝いお疲れさまでした。
部活動掛け持ち大魔王の私は高校時代地学部に(も)在籍していたので、
よく望遠鏡をかついで登山しました。
近年は星を見るのに苦労しますよね。夜空が明る過ぎです!(笑)
私のおすすめはかぶと小僧さんもご存知の「筑波高原キャンプ場」です。
筑波山を背にした北側なので南の明るい夜空の影響が多少少なめなんですよ。
肉眼で見ていてもとてもキレイです。
条件がいいと天の川がきれいに見えますよ。

かぶと小僧さんはもはやほぼ博物館のスタッフですね。
本当に頑張っていると思います。
貝殻の同定はコレクション展のですか?
私も貝殻を出したかったのですが、ロマンチックなエピソードが無くて
出せませんでしたー(笑)

投稿: ぐりお | 2010年12月12日 (日) 23時25分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
貝殻はシェルコレクション出展用です。28日は茨城県の海岸線を北へ北へと貝殻拾いして来ました。
博物館の仕事は楽しいです。やりがいがあるし自分でも充実していると思います。ただ先月の蝶の展翅の時は、H先生にいきなり司会をやらされてちょっと緊張しました。でも師匠の命令は絶対なので…。
学校では部活かけもちではないのですが、部活と生徒会役員のかけもちでちょっと大変です。やや生徒会活動が上回って来ました。

投稿: かぶと小僧 | 2010年12月13日 (月) 23時29分

かぶと小僧さんこんばんは。
え〜っ!?生徒会もやってるんですか?
それってちょっと忙し過ぎでは???
まあ、エネルギーは十二分なのでしょうけど、
オーバーワークになり過ぎない様に気を付けて下さいね(笑)

貝殻を探して海岸線を北上なんていいなあ〜・・・
っていうか、いつかやってみたかったんですよ、それ!
うちは家族揃ってシェルコレクターなので、多分行こうといったら
即決断行になると思います。
年が明けたら、千葉あたりで私もそれをやってみようかなあ・・・
貝殻以外にもカニの脱け殻とかイカの甲羅とか、
面白いものが結構落ちてるんですよね〜。
楽しそうだー!

投稿: ぐりお | 2010年12月14日 (火) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/38045059

この記事へのトラックバック一覧です: 余生:

« 暮れの元気な御挨拶♪ | トップページ | リベンジ志願 »