« 余生 | トップページ | きょろきょろ »

リベンジ志願

温かかったのですが、仕事に追われ今日は缶詰め。
風が無く日射しも柔らかいネイチャー撮影日和でしたので、
ちょい残念でした。

という訳でブログネタに事欠き、
今日の写真は先月筑波山に登った際のカットです。
きれいでしょ。よく見ると葉に細かいシミがたくさんありますが、
まあそういう細かい事はさて置き(笑)・・・
木全体で見せるグラデーションではなくて、
葉の一枚一枚の中に朱色からオレンジのにじみが現れています。
私、この絵画調な雰囲気がとても好きでして・・・

一見モミジのように見えるけれど縁に鋸歯がなく、
妙に葉柄が長い独特な葉を持つこの木の名前はエンコウカエデ。
筑波山だと北側の山腹に多く、ユースホステル跡やキャンプ場の周辺で
割合多く目にするカエデです。
イタヤカエデに類縁ですが、
イタヤカエデがどちらかというと黄葉で知られているのに対し、
エンコウカエデは紅葉する個体が多く見受けられます。

ただし全てが赤くなる訳ではなく、私が以前実生から育てた2本は
一方が写真の様なオレンジ形、もう一方は枝先の葉だけが紅葉し、
あとは葉柄だけがまっ赤になり葉は黄葉でした。
前者は隣に住む弟の庭にあげて、後者を我が家に植えたのですが、
我が家のエンコウカエデは今年の酷暑で枯れてしまいました。
どうやら幹にカミキリムシにも入られたみたいです。
泣く泣く根際から切って処理したのですが、
ひょっとしたらまだひこばえを出す力が残っているかもしれないと
僅かな望みを捨てきれずにいます。

でももしダメだったら、また実生から苗を作ってみたい!
そして今度は大きくしない様に管理して
全体に手を掛けやすい形で育てたいと思っています。
モミジのようにワサワサとしたボリュームの有る紅葉ではなく
このカエデのぱらりとした葉の重なりが大好きなんです。
オレンジが滲む独特の紅葉も・・・もう、絶対リベンジです。

Enkoukaedetsukuba

|

« 余生 | トップページ | きょろきょろ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/38057413

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ志願:

« 余生 | トップページ | きょろきょろ »