« ハンノキにエナガ | トップページ | 雪が多い!? »

いよいよ植栽工事

寒かったけど風が無いので穏やかに感じました。
ただ、土日は全国的にちょっと荒れそうですね。
明日の夜は当地でもひょっとすると雪・・・なんて予報でした。

今日は龍ケ崎市立J小学校ビオトープの植栽工事。
私は会議等の仕事も重なっていたので朝一番で現場に入り
主立った打ち合わせのあと職人さんたちに現場を任せ、
午後に再び現場に戻りました。
朝一番で搬入された樹木苗は、午後に戻った時にはほぼ植え付けが済まされ
水決めと芽欠き等の仕上げ作業を残すのみとなっていました。

今回造園工事を担当して下さったのは県内屈指の造園会社、
株式会社不二造園土木さんです。
ビオトープ施工の経験も豊富なので、選定樹種と図面を見ただけで
こちらが思い描くビオトープンの雰囲気や昨日をよくわかって
作業していただけました。
搬入された苗のクオリティも大変高く、
当然ながら作業もじつに丁寧なものでした。

はじめに図面通りに植え付け前の苗木を配置して
樹木の関係を現場確認。実際に持ち込まれた樹木を並べてみると
図面上では捉えきれなかった微妙な位置関係の修正が発生します。
実物の大きさや枝振りを目の当たりにして初めて見える
もっといい位置関係です。
ほとんどは微調整でしたが、3本のハンノキの取り扱いだけは
大きく路線変更しました。
2本と1本で離していたハンノキを3本まとめ植えにして、
思い切った塊感を出した事です。
これでビオトープ中央部の橋につながる園路は
左右にハンノキを配した湿地林の小径になりました。

今まで基盤の土木工事を作り込んで来て、
それなりに完成に近づいている感じはしていたのですが、
そこに樹木が加わると一気に「造形」が「たたずまい」へと変化します。
たとえ冬枯れの樹木であっても・・・です。
この変化をいち早く歓迎してくれたのが野鳥たち。

まだ工事の最中だというのに、植えかけた樹木の小枝に
シジュウカラやメジロ、ツグミがやって来ていました。
これで池の水辺も今まで以上に鳥たちに利用されると思います。
本物のビオトープへと歩み始めるスタートラインが
だいぶ見えて来ました。

Jonouchi110114

|

« ハンノキにエナガ | トップページ | 雪が多い!? »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

今年もお世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、「不二造園」の話題が出たので、コメントさせてください。

我が家の庭の外構も不二造園さんにやってもらいました。

エネルギーの固まりの小学生多数がフェンスによじ登るので、ハラハラしながら見守っているのですが、今のところ壊れておりません。丈夫に作ってもらって感謝感謝です。

きっと、とてもいいビオトープができあがると思います。

一番寒い季節ですので、ぐりお先生もお腰に気をつけて作業なさってくださいませ。

投稿: mari | 2011年1月15日 (土) 13時54分

mariさんこんばんは!
そうでしたか。mari山地のお庭は、不二造園さんの手によるものでしたかl
不二造園さんの施工は、あらためて丁寧だと思いました。
調達された苗のクオリティも高いものでしたよ。
あまり知られていないことですが、
不二造園さんはビオトープの経験をお持ちで、
日本ビオトープ協会の加盟業者さんでもありますし、
自然植生をご存知の設計士さんも社内にいらっしゃいます。
これはとても珍しい事なんです。
じつはビオトープ工事でご一緒させていただいたのは初めてなのですが、
とても頼もしい施工業者さんだと感じました。

腰・・・だいぶ良くなったのですが、やはりまだ痛くて困っています。
ぎっくり腰のような決定的なものではなかったようなのでホッとしました。
ご心配いただいて有り難うございます。
しばらくセーブ運転を心掛けようと思ってます(笑)

投稿: ぐりお | 2011年1月16日 (日) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/38470951

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ植栽工事:

« ハンノキにエナガ | トップページ | 雪が多い!? »