« リラ〜ックス | トップページ | 流れの石組み仕上げ »

ああ構造色

今日は会う人も見るテレビも聞くラジオも、
み〜んな寒い寒いと言っていました(笑)
・・・確かに寒い!
最高気温は5℃!これだけでもブルッと来ますが、
北風がまた冷たかったー!!
関東特有の乾いた突き刺さる様な寒さでした。

こう寒いと反骨心が騒いでおよそ冬らしくない画像を選びたくなる・・・
という訳でもないのですが、
今日、夏に展足した甲虫をいくつか標本箱に入れたのでその中からの一枚。
私が大好きな夏の昆虫、アオカナブンのアップです。
キレイでしょー。アオカナブンの鞘翅の構造色は、
コガネムシ類の多くのそれとは違って、表面的な金属光沢というより
向こうが透けて見えそうな宝石光沢といった感じです。
このカットは蛍光灯の照明で撮影したのですが、
太陽光線の元だと継ぎ目の黒っぽいラインがややブルーに、
そして緑の深く沈んだ部分がややオレンジを滲ませます。

ハンミョウやタマムシなど、美しいと言われる甲虫はあまたいますが
ひとつの色の輝きの深さなら、
なんと言ってもこのアオカナブンには叶わないでしょう。

アオカナブンはカナブン程ではありませんが、多少色に個体変異があって、
オレンジの滲みが強い個体、もう少しエメラルドっぽい緑色の個体の他
ごく稀にルビーレッドやサファイアブルーの個体もいます。
私はルビーレッドには写真でしかお目にかかった事が無いのですが
サファイアブルーの個体は蜘蛛の巣に掛かって
食べられたものを見た事があります。
すでに触るとバラバラになってしまうような残骸でしたが
あまりの美しさに思わず持ち帰りました(笑)

今年は生きているブルー個体に遇いたいなあ・・・

Aokanabun_up

|

« リラ〜ックス | トップページ | 流れの石組み仕上げ »

MY FAVORITE」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
アオカナブンは本当に綺麗ですね。僕も大好きです。でもあまり採集してません。カナブンとクロカナブンは今も幼虫が越冬中ですが、アオカナブンはいません。アオカナブンはやや高地性ですか?出現の順番は、カナブン、アオ、クロの順ですよね?今年は採集したいです。
緑色の虫は綺麗ですね。アオオサムシ、タマムシ、コガネムシ、ニジイロ、パプキン、みんな綺麗だと思います。
あと、先生は毒草のことまで詳しいんですね。凄すぎます。

投稿: かぶと小僧 | 2011年1月11日 (火) 23時10分

かぶと小僧さんこんばんは!
アオカナブンは一般的にカナブンよりやや山地性と言われていますが
山地性=高地性ではないのかもしれません。
ただ平地林よりは少し山深いところの方が確かに個体数が多いと感じますよね。
でも、全くの山地性という訳でもないらしく
ここ牛久市の雑木林にも少ないながら見ることができます。
うちの庭クヌギにも何度かやって来ましたよ。
彼等は平地であっても湧き水が滲み出す様な斜面林や、
気化熱で空気がひんやりする谷津の奥部など
「クールスポット」のある限られた場所を上手く利用しているのかも知れません。

発生順序はまさにおっしゃる通りですね!
ところで、ここ牛久では、以前もっとも普通種カナブンだったはずの
シロテンハナムグリが、近年はカナブンより少ない様に思います。
近隣市町村でもやはり同様です。決していない訳ではないのですが、
以前のようにひとつの樹液場に何十匹も集まっている姿は見なくなってしまいました。
どうしてなんでしょうねえ?

投稿: ぐりお | 2011年1月11日 (火) 23時37分

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
アオカナブン採集のヒント、ありがとうございました。採集ポイントがいくつか思い浮かびました。カナブンとクロは樹液トラップに入ることが多いので、アオも樹液でやってみます。
うちの方ではシロテンハナムグリに変化はないような気がします。そう多くはありませんが、よく飛んでますし、水元公園に行くと樹液に2匹くらい来ています。うちの幼虫はおそらく100くらいいると思います。小さいので何もしなくていいから楽です。妹担当です(笑)。

投稿: かぶと小僧 | 2011年1月12日 (水) 18時00分

かぶと小僧さんこんばんは!
樹液トラップですか。なんだかレシピがありそうですね(笑)
私も人工樹液のトラップに挑戦した事があるのですが
どうも虫たちのお気に召さなかったらしく、成果がいまひとつ・・・
以来バナナやパイナップルを焼酎で発酵させたものを使っています。

そうですか、そちらでは特にシロテンハナムグリに変化は見られないのですね。
シロテンは朽ち木を好むカナブン類と異なり、
農業用の堆肥や畑土などにも発生するので、もしかしたら農薬や除草剤が
関係しているのかなあなんて心配していたのですが
深読みしすぎたかもしれません。
シロテンは温度をかけると一年中殖え続けますね。
私も以前飼育して3桁まで殖えてしまった経験があります(笑)

投稿: ぐりお | 2011年1月13日 (木) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/38420535

この記事へのトラックバック一覧です: ああ構造色:

« リラ〜ックス | トップページ | 流れの石組み仕上げ »