« 変天の夕刻 | トップページ | やあ、しばらく! »

お連れしました(笑)

雪が解け残っているのに日射しが眩しい一日でした。
気温は昨日より僅かに高い8.5℃でしたが、
やはり春に向かっているのかな・・・と思えてむずむずと嬉しいですね。

出先から戻る途中で学校ビオトープのパーツを仕入れるために
ホームセンターに立ち寄りました。
しかし、こういう気分の時には注意せねばなりません。
店頭の園芸コーナーに目をやると、
つい手を出したくなる一品を見付けてしまうからです(笑)

・・・で、やっぱり見付けてしまいました(追笑)
不思議〜・・・どうしてこうも見事にツボを刺激するものがあるんでしょ。
今日お連れしたのは、原種チューリップ2種のポット苗。

一つはツリパ・リニフォリア(Tulipa linifolia)。
背の低い赤い原種で、既に栽培しているのですが、
今持っている株は色が濃くてちょっともの足りないのです。
(一般的には良個体ということでしょう)
じつは最初に出会ったリニフォリアが濃赤というより僅かに薄い
チェリーレッドの個体で、特に花びらの裏面(外側)から見ると
とても優しい色合いをしていてお気に入りでした。
ところが以前住んでいた家で庭に露地植えにしていたので、
休眠期に球根を見付ける事が出来ず、泣く泣くお別れしてしまったのです。

詳しい方のお話では、
わりあい初期に入って来たロットの球根ではないかという事でした。
残念ながらそういうリニフォリアには以来巡り会えていないので
今回はまあ宝くじのつもりで購入しました。
ちなみにラベルの写真はその好みの色ではありませんが・・・(笑)

そしてもう1種類はツリパ・シルベストリス(Tulipa sylvestris)で、
こちらは濁りの無い黄色一色の原種チューリップ。
この種類の特徴はなんと言っても花を横向きに咲かせる事。
咲きかけの釣鐘型が可愛らしくて以前から欲しかった種類なのですが
なかなかお目にかかれずこのたび初めて出くわしました。
こりゃもう即買うしかないわ(笑)
寒さに強い種類のようで、既に葉を大きく伸ばしています。

この小さなポットのままでは温度変化のストレスが大きそうなので、
根傷みのリスクを含めて考えてもやはり植え替えすべきでしょうね。
大きめの鉢に植えて、軒下で芽を覗かせ始めた
ツリパ・トルケスタニカの隣に並べる事にしましょう。

Genshu_tulipa

|

« 変天の夕刻 | トップページ | やあ、しばらく! »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
買っちゃいましたね~。(笑)
でもなんか分かるような気がします。
こちらのホームセンターではなかなか
原種のチューリップは見かける機会がありませんが、
私もホームセンターをチェックしに行こうかな。

投稿: こー | 2011年2月17日 (木) 23時52分

うふふー買っちゃいました〜!ついついねー・・・(笑)
原種チューリップは可愛いですよ。
そちらでも栽培は可能だと思います。
(っていうかそちらの方が良くできる種類が多いかも)
ただ、原種系交配種まで含めて「原種」と表記して
売られている事があるので、時々注意が必要ですけどねー。

「ミニチューリップ」と書いて売られているものは
交配種もたくさんあるけど中には原種のパッケージも混じっているので
原種の種小名となんとなく憶えていれば
ああ、これは大丈夫だって感じで選べます。
きっとハマるよ、かわいいんだからぁ(笑)

投稿: ぐりお | 2011年2月18日 (金) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/38901306

この記事へのトラックバック一覧です: お連れしました(笑):

« 変天の夕刻 | トップページ | やあ、しばらく! »