« 元気色 | トップページ | 蛙合戦2010 »

いっぱい飛んでます

何だか昨日も今日も寒くてやんなっちゃいました。
もう3月下旬も半分まで来ようかと言うのに
一体どうした事か・・・寒かった昨年よりも気温が低い傾向です。
それでも今日は思わぬもので春を感じました。

写真のコレ。
お隣のデイサービスセンターの屋根スレートなんですが、
一枚一枚の下のところが白っぽくなってるでしょ。
そう、スギ花粉なんですよねこれが!
昨日は随分飛んだみたいです。それが夜になって降り出した雨で
流されて寄った状態です。
今日は車も玄関の階段も、それこそそこら中がこの有様でした。
湯の花みたいなクリーム色の粉で溢れかえっています。

そういえば今年は大飛散するってことでしたよね。
地震関連の報道に隠れて話題にもなっていませんが
辛い人にはかなり辛いはずです。
私も花粉症の一人ですが、スギ花粉に関しては鼻よりも目に来ます。
ゆえにこういう風に飛びにくい状態の花粉を見ると
視覚的になんとなく安心します(笑)
いや、飛んでいることには変わりはないんですが・・・なんとなく。

まあ、今年に限っては飛んでくるのが花粉であればまだ良い方でしょうか。
今世間を騒がせている放射性物質の飛散は、やはりコワいです。
しかしじたばたしても仕方が無いので、
大丈夫って言うんだからそれでヨシとしておきましょう。

風評被害もあまり過敏になると、売る側も過剰反応してしまうので
結局生鮮食料品の流通が鈍って、自分たちの首を絞めかねません。
大丈夫ですって!
CTスキャンを一回受けるよりもずうっと少ない量ですから。

ただ、本当にコワいのは食物連鎖の中で発生する成体濃縮。
こういう点に関しては、きちんとモニタリングでフォローしないとですね。
幸い今多く検出されている放射性ヨウ素に関しては
半減期が無類の短さなのでこの点は不幸中の幸い。

それにしても現場で決死の覚悟で頑張っている人たちの事を思うと
不安も文句も口にできないです。
何とか原子炉の保安機能が回復してくれます様に!!

Sugikafun110324

|

« 元気色 | トップページ | 蛙合戦2010 »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

仙台市内は、発災によって森や山が揺さぶられ、例年より早く花粉が飛散していると、花粉症の部下が言っています。
そうなの? と思うくらい寒いんですよ。この期に及んで雪が降りますから。
幸いにもこの歳になっても発症しなくてすんでいるのは、単に鈍いだけなのか・・・
核分裂生成物のもたらす水や食物への摂取規制の暫定数値は、極めてシビアな水準で定められているのですが、成長期の幅がいつからいつまでを示し、たとえば十代だったら大人並みに安全(安全?)なのか。そういったデータが出てこないんですよ。
小学生から高校生の幅は、ばりばりの成長期だと思うのです。しかし十四歳以上を大人にくくってしまっていたチェルノブイリのときの医療診断がベースになっている今回の暫定基準は、大人の規制値をさらに世代別に作り直さなければいけないと感じています。

投稿: 雷蔵 | 2011年3月27日 (日) 10時32分

雷蔵さん今晩は。
スギの花は梅なんかと一緒で、春の温かさで咲くというよりは
冬の寒さの積算と日長で咲くようなので、今がまだ寒くてもこれまで充分に
寒さがつのっていれば花粉をまき散らすってことでしょうね。
それにしても余震でゆさぶられて花粉が一層こぼれ出すなんてことも
あるのかもしれませんね。見たくないな〜・・・あのモワッて出るとこ(笑)

放射線の影響についてはおっしゃる通りですよね。
小学生も高校生も20代後半でも、相応に危険度は変わって来るはず・・・
また、チェルノブイリとスリーマイル、そして今回の福島と
それぞれ事象が異なるので過去の数値基準を安易に参考にはできないと私も思います。
ただ、「あのチェルノブイリでさえこの点は大丈夫だった」という事については
多少アテにしても良いのかな・・・

これから気温が少し春らしくなると避難所の寒さは一息つけますが
今度は風が南西寄りに変わる筈ですから、
地震・津波の被害がひどかった地域での放射線が心配になって来ますね。
とにかく、早く終息して欲しいです。
このまま作付けできないと秋以降の米不足も心配・・・

投稿: ぐりお | 2011年3月29日 (火) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/39353656

この記事へのトラックバック一覧です: いっぱい飛んでます:

« 元気色 | トップページ | 蛙合戦2010 »