« リニフォリア | トップページ | ヘンリィ開花 »

池の薫春2011

Ike2011kunshun

Ike2010april

今日はまた少しだけ空気にひんやり感がありました。
夕方以降は肌寒い位です。
さすがにもう降霜という事は無いでしょうけど、
植物も人間も体調管理にご用心です。

池は幾分浅めの春です。
下の写真は昨年の同時期ですが、今年の方が若葉の萌え方が遅い様です。
池の右岸に咲くクサボケで較べてみるとよくわかりますね。
昨年はもう花が終わりかけて葉がもっさりと展開していますが
今年はまだ葉が出たばかりで、朱色の花の方が勝っています。
昨年のこの時期もめちゃくちゃ寒かったですけど、
二年続いて寒い4月となりました。

池の中ではこれまた昨年より20日あまり遅れた蛙合戦が終わり、
ひも状の卵塊から孵ったオタマジャクシが一斉に泳ぎ始めています。
ヒキガエルの産卵個体数が過去最高に多かったことを反映し、
オタマジャクシの数も今年はハンパじゃありません。
池の左岸の方の水が黒ずんで見えるでしょう。
じつはこれ、ぜ〜んぶヒキガエルのオタマジャクシなんです。
もう少しアップの写真を下に貼付けました。
オタマジャクシがわかると思います。もうびっしりでしょ!
この数のせいで今年は孵化時に池の水の酸欠が起こり、
マタナゴを始め斃死する魚が出ました。

写真は今月17日に撮影したものですが10日あまり経った今日の時点でも
木々の葉の展開はまだまだ遅れています。
巣箱では5日程前にシジュウカラのヒナが巣立ちを済ませました。
まだ庭の中を親子でちょろちょろ飛び回り、
低木のしげみに止まって親鳥から口移しでエサを貰う様子が見られます。

昨日、ようやくジュンサイの葉が水面に浮上しました。
おそらく今から10日程の間に、庭の景色は緑色に一変するはずです。
飛び回るトンボや一斉に貝から浮出するタナゴの稚魚で
賑やかになるのももうじきです。待ち遠しいな・・・

Ike2011kunshun_up

|

« リニフォリア | トップページ | ヘンリィ開花 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/39802746

この記事へのトラックバック一覧です: 池の薫春2011:

« リニフォリア | トップページ | ヘンリィ開花 »