« リトル・クール | トップページ | マタナゴ大量斃死事件 »

儚な過ぎ!

今日は夕方にま〜た大きな余震がありました。
ニュースによれば茨城県南は震度6弱。
やっと片付けた仕事部屋のものが、またちょっとだけ散らかりました。
やっぱりまだ片付けるんじゃなかったなあ(笑)

さほど良いお天気でもなかったのに、気温は21℃に達しました。
この気温でソメイヨシノが一気に満開に近い状態まで咲き進み、
まだきれいなままのコブシと一緒に咲いています。
ちょっと北国チックです(笑)

さて、「三日見ぬ間の桜かな」なんてことを申しますが
こういう植物は他にもあります。
我が家の庭で言うなら、写真の花サンギナリア・カナデンシス
(=Sanguinaria canadensis)がまさにそれ。
地面から坊主頭みたいなのがちょこんと覗いたかと思うと
2日後にはもう開いています。
そして散るのもすこぶる早く、いいとこ2日咲いたらもうパラリ・・・
あっけなく花びらを落としてしまいます。

それでも春植物らしく、二枚目の写真にあるように
日射しに応じて多少は花が開いたり閉じたりするのですが
あまり繰り返すようだと「あ、もうめんどクサ・・・」という感じで
やっぱりぱらりと散ってしまうのです。
僅かにサーモンピンクを感じる白い花は、たまらなく魅力的なのですが
対面できる時間があまりに短くて欲求不満になってしまいそうです(笑)

Sanguinaria1104_1

Sanguinaria1104_2

|

« リトル・クール | トップページ | マタナゴ大量斃死事件 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

余震、なかなかおさまりませんよね。
こちらでも昨日は揺れたんですが、
ぐりおさんの所に比べたら全然って感じです。
姉が茨城にいるので速攻でメールを送りましたが、
幸いにも何事もありませんでした。
ぐりおさんも余震に注意ね。

サンギナリア・カナデンシスって綺麗ですね。
でも2日ほどで花が終わっちゃうんだぁ。
気を付けないと見落としちゃって
「また来年~っ」て感じですよね。(笑)

投稿: こー | 2011年4月12日 (火) 06時09分

余震は今日もかなり強いのがありましたー(笑;)
その回数の大さと強さにビビったのは私だけではなかったようで
今日はいろんなニュース番組で余震の事をやってましたね。
ホントに早く終息して欲しいもんです。

サンギナリア?カナデンシスは今回紹介したコモンタイプよりも
八重咲きの変種「プレナ」の方が一般的ですね。
流通量もそちらの方が圧倒的に多い様です。
八重咲きだと花びらが多い分、少し花持ちもいいのかな?(笑)
でもね、ホントにこーさんが言う様に見逃した年もあったんですよー(爆)
以来地面からホンのちょっとでも頭を出したら、
注意深く追跡するようにしております。

投稿: ぐりお | 2011年4月13日 (水) 00時48分

 サンギナリア・カナデンシスって、初めて知りましたが、葉っぱが面白いですね。
まだ浅い春のひんやりした空気に襟元を掻き合わせてるような?
こけしのようなお地蔵さんが佇んでいるような?
折れてしまいそうな心を支えているような?
 10年、20年後、「頑張って生きてきた!」って、
みんなが涙しながらお互いの肩を叩き合えるようになった春にも、
きっとこっそり咲いて、さっさと散ってるんでしょうね。
 本当に早く地震も原発事故も収束してほしいと祈るばかりです。

投稿: くわでん | 2011年4月14日 (木) 22時18分

くわでんさんこんばんは。
サンギナリア・カナデンシスはケシ科の植物。
花だけ見るとあまりケシっぽい印象はありませんが、
花が散ったあとにできる果実はちょいケシっぽいんですよ。

それともうひとつ。くわでんさんが注目した葉なんですが、
これはこの後信じられない位大きくなって広がり
その姿は同じケシ科のタケニグサの葉によく似ています。
タケニグサは切ると黄色い汁が出て来ますが(有毒ですよね)
サンギナリア・カナデンシスは朱色の汁が出て来ます。
原産地ではこれを「インディアンの血」と呼ぶ言い伝えがあるそうです。

しかし、花茎を巻いて閉じた今の姿はなんとも可愛らしいですよね。
栽培上手な方は上手く増やしているそうですが、我が家では4年がかりで
やっと1本が4本になりました。
でも・・・そうですねえ、それこそ10年後、20後にはちょっとは見応えのある
群落になっているかなあ・・・そしたらみんなで集まってお花見したいけど、
何しろ日にちの融通が利かない花だから、きっと集まり悪いでしょうね(笑)

投稿: ぐりお | 2011年4月15日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/39577543

この記事へのトラックバック一覧です: 儚な過ぎ!:

« リトル・クール | トップページ | マタナゴ大量斃死事件 »