« クロギン羽化開始! | トップページ | 池の薫春2011 »

リニフォリア

Tlinifolia1104_1

しっかしスゴい暴風に見舞われた一日でした!
時々あるんですけどね。特にこの時期は・・・
でも、今日のは本当にスゴかったです。
原種バラのロサ・フェティダの大鉢がひっくり返って玄関のデッキ上から
地面に真っ逆さまに・・・(泣)
比較的すぐに気が付いたので緊急対処できましたけど
大きな鉢で重いんですよ、これが。しかもまだ芽吹いて間もないので
風の抵抗なんかそれほど無いはずなのに・・・それがひっくり返ったんです。
それほどもの凄い風でした。

さて、写真は原種チューリップのリニフォリア(Turipa linifolia)。
我が家の原種チューリップの中では最後に開花する種類です。
特徴はちび助なことと、鮮烈な赤い色です。
この赤が朝夕と日中、あるいは順光と逆光で、微妙に違って見えるんですよ。
つやつやした朱赤だったり、ちょっとマットなチェリーレッドだったり・・・

この花は私よりも家人が大ファンで、もう15年以上栽培し続けている古株。
私も、朝夕のふっくらとした開きかけの姿は大好きです。
でも、いわゆる「開花状態」となると・・・

Tlinifolia1104_2

ほら、こ〜んな感じです。うーむ・・・相変わらず微妙だ(笑)
なんかヒトデっぽいっていうか・・・
葉っぱもろとも、このままゴソゴソ這い回りそうです。
ゲームキャラの人食い花みたい(追笑)
背が小さいからよけいにそう見えるのでしょうね。

チューリップの花は開花期間中、光の有無で開閉を繰り返すので、
リニフォリアも約一週間、この2つの姿を繰り返していました。
でも今日の強風で花びらがバキバキに折れてしまい、今年はあえなく閉店。
葉の方は細くて短いので、強風にも充分耐え得る構造でした。
明日からはこの葉で栄養分を沢山作れる様に
また充分肥培して、来年に備えなければいけませんね。
今年も可愛い花を存分に楽しませてくれた原種チューリップたち、
また来年〜!!

|

« クロギン羽化開始! | トップページ | 池の薫春2011 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

災難でしたね~。
そんなに爆風だったとは・・・・・。( ̄□ ̄;)!!
こちらも比較的強風&雨の日が続いてます。
連休中も天気は金土以外は悪いみたい。
せめて休みくらいは晴れて欲しいですよね~。

原種チューリップって素敵ですね~。
私が知らないだけかもしれませんが、
原種チューリップって背丈の低いものしか知りません。
普及品のチューリップみたいに背丈があるようなのって
原種チューリップにあるのかなぁ。
ぐりおさん知ってます?

投稿: こー | 2011年4月28日 (木) 05時33分

こーさんどもでーす!
原種チューリップはここ数年また気になり出して、
可能な範囲でちょっと集めてみようかと思っています。
でも、以前より種類が減った〜!やっぱマニアックだから
数が売れないのかな〜・・・

確かに園芸品種のチューリップみたいに背が高いのは私も
記憶にないですねー。
株のフォルムとしてわりあい茎高に見えるのは
T.whittalii(ウィッタリィ)、T.turkestanica(トルケスタニカ)、
T.orphanidea(オルファニデア)、
T.clusiana(クルシアナ)あたりでしょうか。
園芸品種の立派な体格と切り花に出来る高い茎は
一体どこからもらった遺伝子なんでしょうね?

投稿: ぐりお | 2011年4月29日 (金) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/39779492

この記事へのトラックバック一覧です: リニフォリア:

« クロギン羽化開始! | トップページ | 池の薫春2011 »