« ヒドラ発見! | トップページ | キャンディドゥム開花! »

ぶち

昨日は暑い位の陽気で、今日はそれほどまでは行かないという事でしたが
どうしてどうして・・・25.5℃に達しました。
こう急に来ると体がついて行きませんー。年齢を痛感しますわ(笑)

今日は震災のどたばたで掲載しそびれた話題を・・・
じつは私、昔からスゴく気になっていた事があるんですけど
その事に触れた記事が、ナショナルジオグラフィック誌にありました。
今年の3月号です。

私が気になっていたのは、ビーグル犬や三毛猫やペットウサギ、
果てはホルスタインからアルパカに至るまで
どうして飼育動物には野生の頃に見られなかった「ぶち」の模様が
現れるのかということです。

ナショナルジオグラフィック誌の記事「野生動物 ペットへの道」によれば
「ペット化できた動物=遺伝的に人間とのふれあいを
受け入れる事ができた動物」には早い段階で「ぶち」が現れるとありました。
そして「ぶち」は「家畜化の表現型」と呼ばれ、
遺伝的に人に慣れた動物に特徴的な外観の典型例だと・・・

なるほど、やはりそうだったのですね。
で、他にも「耳が立たない」や
「尾がそり上がる、短くなる」といったことも多く見られるそうです。
これまたいろいろと思い当たる例がありますねえ。

ここで論じられている内容の主流は、「遺伝的な人慣れ」が確認できる
ほ乳類についてということになりますが、
では・・・例えば錦鯉や金魚なんてどうなんでしょう?
あれは「人慣れ」の品種改良の結果として現れたというより、
あの「ぶち」そのものが品種改良の目標になっていますから
同じ土台で論じるものではないのでしょうかね。
でも、子どもの頃公園の池で麩を投げて近づいてくるのは
やはり黒い真鯉ではなく、錦鯉やドイツ鯉の方が多かった様な気がするし、
水槽で飼っていてエサにすぐ寄って来るのも
フナではなく金魚だったような気もします。

冒頭でイヌの例としてビーグルを出しましたが、
イヌも随分いろんなぶちが存在しますね。
私はイヌのぶちは遠い祖先を共有するリカオンやハイエナの
表現型に通じるものかと思っていました。
どうもそういう事ではない様ですね。
しかしウマ、モルモット、チンチラ、セキセイインコ・・・
ぶちなペットは多い・・・というより、ほとんどのペット動物はぶちですね。

野生の動植物の美しさに惹かれるぐりおは、ペット動物に関しても
野生の色が濃く出ているものに魅力を感じてしまいます。
ネコならベンガルやオシキャット、ウサギならピーターラビットみたいな
ノウサギ的なヤツを選ぶと思います。
イヌなら・・・うーん、イヌだけはどんなのが野性的なのか分からない(笑)
好きな犬種はビーグルやジャックラッセルテリア、ボーダーコリーかな。
でもこれは野性的っていう要素とは関係ない部分での好みです。
あ、でも時々雑種ですごく野性味のある、かっこいいヤツっているなあ・・・
一番好きな犬種は雑種かも!?(笑)

Natio_geo1103


|

« ヒドラ発見! | トップページ | キャンディドゥム開花! »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
ナショナルジオグラフィックは私もたまにですが見てますよ~。
人慣れでぶちの表現型になるっておもしろいですね~。
うちのカメも継代するとブチが出ないかな。

私、シャム猫とホルスタインしか知りませんが、シャム猫は色素を抑制する遺伝子があって
これは温度が高いと、その遺伝子の働きが弱くなり、特に温度の低い末端ではこの遺伝子が抑制され色素が産生される傾向があるので、
シャム猫の濃淡の原因は、その遺伝子の働きによるって聞いたことがあります。
またホルスタインに関しては、もともと黒だったんですが、白い遺伝子が入り込み、
黒よりも優勢だったために白黒の表現型になるってうろ覚えですが
大学の時なんかで読んだ気がしまーす。
ただ、シャム猫って人慣れしないようなイメージがありますよね~。
だからシャム猫に限ってはペット化と関係ないのかな。(笑)

投稿: こー | 2011年5月11日 (水) 18時34分

あっ、ナショナルジオグラフィックって雑誌の方だったのね。
私はHPで見てましたぁ。

投稿: こー | 2011年5月11日 (水) 18時35分

こーさんどもです!
ナショナルジオグラフィックは日本版が創刊された当初から
すうっと購読してるんですよー。
それまで博物館や図書館で英語版をきばって読んでいたので
日本語版ができて、身近になったというより「あー楽になった」って感じかな(笑)

シャム猫のもぶちと言えるのかもしれないけど、
あれはここで言うぶちとはちょっと違うかな。
わりとシンメトリーな斑紋っていうか、パターンですよね。
そうですか。あれは温度で・・・なんですか。

ホルスタインの方は、まさにこのぶちですね。
あれは白表現遺伝子と黒表現遺伝子の勢力地図だったのですねえ!
知らなかった〜、勉強になりましたあ!

投稿: ぐりお | 2011年5月11日 (水) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/39929792

この記事へのトラックバック一覧です: ぶち:

« ヒドラ発見! | トップページ | キャンディドゥム開花! »