« 大量発芽 -オニバス- | トップページ | 初夏の顔ぶれ »

ヒメダカは現れる

くわっと照りつける日射しが強烈な一日でした。
いつもぼやいてますが、どうしてこう両極端なのか・・・
九州南部が梅雨明けしたそうですね。平年よりも3週間程早いとか。
東北はついこの間ようやく梅雨入りしましたが
梅雨入りも梅雨明けも早いとなると,こりゃあやはり猛暑でしょうか。
困ったなあ・・・(笑)

今日の写真はなんちゅうことないメダカです。
でも、一番大きい1匹の色が・・・お店で売っているヒメダカと一緒です。
もちろん池にヒメダカは入れていません。
しかし、ヒメダカは毎年数匹生まれます。
いや、ヒメダカだけではなくて、ヒメダカの地色に普通のメダカの色の
斑紋が散らばるブチメダカも生まれるんです。

こういう変異って、一定の割合で出てくるものなのでしょうかね。
まあ、売られているヒメダカも元々はクロメダカの変異個体を選抜して
形質を固定したのでしょうから、出て来ても不思議ではないのですけどね。

我が家のメダカのルーツは市内を流れる小野川の個体です。
もう15年以上前に採集したものですが、
それだってもしかしたら純系の地域個体群ではないのかもしれません。
どこかでちょっとヒメダカが混ざっっていたのかも・・・
相当なサンプルのDNAを解析しないとわからないでしょうから、
永遠の謎という事になりそうですが、この個体を見た人から
「ビオトープとか言ってヒメダカ入れてるよ〜」なんて言われたら
ちょっと癪だなあ(笑)

今池はメダカのベビーラッシュ。今年は特に産卵数が多く、
池の水面に浮かんだ落ち葉のゴミを別な容器に入れておくと、
数日後にはそこにメダカのベビーがいるという具合です。
ヒメダカも池の数カ所で見かけました。3〜4匹いそうです。
でも、これが大きくなった姿はほとんど見た事ありません。
きっと、天敵に見つかり易いんだと思います。
余裕があったら、みんな水槽に拾って飼育し、
その子どもがどうなるのか見てみたいんですけどねー。
そうそう手広くもできませんって・・・(笑;)

Himedaka1106

|

« 大量発芽 -オニバス- | トップページ | 初夏の顔ぶれ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/40591516

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメダカは現れる:

« 大量発芽 -オニバス- | トップページ | 初夏の顔ぶれ »