« 定位置 | トップページ | 流星花 -オカトラノオ- »

巣立ちと雷雨の一夜

Hiyohina_oyako_2

今日は夏至ですね。
暑い暑い夏至でした。何しろ梅雨のまっただ中だというのに
一日中ピーカンで、一年で一番長い日射しが存分に照りつけました(笑)
得したような損したような・・・(追笑)
気温は33℃に達しました。正直軽く熱中症です。頭が痛いよ〜・・・

昨日も暑くなりましたが
夕立ちがありましたので、それ以降は気温が下がりました。
その夕立ちの少し前に、ちょっとした騒動が・・・

じつは庭のマテバシイのしげみにヒヨドリが営巣しているのですが、
これがどうも巣立ちを迎えたようなんです。
ヒヨドリの巣立ちというのは「なんとなく・・・」って感じの巣立ちで、
巣から出たヒナは近くの枝に隠れる様に止まり、
何日も親から給餌を受けて少しずつ巣から離れて自立します。

そんな巣立ちの矢先に遠雷がしてるなあと思っていたらいきなりの夕立ち。
しかもいくら日が長いとはいえもう足元も暗くなる時間ですから
あちこちの枝に分散してエサをねだるヒナを、親鳥がフォローしきれません。
上の写真は親鳥が一番フォローできていた一羽。給餌の直前の様子です。

結局篠つく雨の中親子揃ってパニック状態。
私が確認できた限り少なくとも4羽のヒナがいたのですが、
一羽が池に落ちてあっとう間にウシガエルに食べられてしまいました。
程なくもう一羽も枝の移動に失敗し、池に落下!
ウシガエルは既に一羽をお腹に納め、
もう食べられないのに何とかぱくつこうとアタックしています。
まさに現実を超越した食欲!恐ろしいヤツです。
これではヒナは溺れるだけだし、親鳥は騒ぐばかりだし・・・
少し躊躇はありましたが、見かねて網ですくって確保しました。

ヒナの体は冷たくなってぐったりでしたから、
すぐに水をタオルで吸って保温したら何とか復活!
しかしもう真っ暗ですからとりあえず軒下に箱をおいて収納しました。
少し元気が出たヒナにひき肉とミールワームを与えると、
よく食べてくれました。直後に排泄もし、ひと安心です。

雨がやんだ頃、収納したヒナのはこのそばに、
別のヒナがもう一羽現れました。
雨でずぶ濡れでよたよたしていたので、
やはり体をふいて一緒の箱に入れてやると、
お互いに安心したのか朝までおとなしくしていました。
下の写真がその様子。糞が赤紫なのは、親がクワの実を与えたようです。
意外!ヒナにあげるのはタンパク質が多い昆虫ばかりかと思っていました。

Hiyohina_kyoudai

朝早く、親鳥がヒナを探して鳴いています。
これはチャンスと箱の覆いをとってやると、後から合流したヒナが
羽ばたいて親の近くの枝に止まり、上手く親と合流して給餌を受けました。
すぐ近くには一枚目の写真のヒナもいます。
池に落ちてカエルに襲われた方はなかなか飛び立つには至りませんでしたが
下の写真の通り、親の方に向かってすっくと立ち、しっかり呼んでいます。
これなら大丈夫だろうとこのヒナも近くの枝に届けてやると、
幸いな事にちゃんと親が給餌してくれました。もう大丈夫です。

Hiyohina_return

それにしても、ヒヨドリってこんなに幼い状態で巣立ちするんですね。
こりゃあ巣立ち後に淘汰されるパターンですね。
今回は私が手を出してしまいましたが、実際は生き残るヒナは
半数以下なのかも知れませんね。
きょうだい3羽、みんな元気で頑張れよっ!

●ちなみに親鳥の片方は以前このブログで紹介したひよべえです。
 お父さんかお母さんかわからないけど・・・(笑)
 もしお母さんだったら、命名失敗でした。ごめんよ!(追笑)

|

« 定位置 | トップページ | 流星花 -オカトラノオ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 今日はほんとに暑かったですね。ずっと梅雨寒が続いていたのが、一気にですから、ほんとにばてました。エアコンも扇風機もなしは屋内といえどもやはり厳しい。でも、頑張らねば・・・。
 ところで、ウシガエルって、小鳥の雛まで食べちゃうんですか。びっくり!あの口のでかさに見合ったものなら何でもってことなんですね~。なんか、もはや「カエル」領域を超えた生き物って感じがしちゃいましたA^^;)
 この雛たちも無事成鳥になった暁には、やっぱりちょっぴりイヂワルになっちゃうんでしょうね。すっくと立ち上がったその姿に、既にその自己主張の強い性格の片鱗がうかがえたような気がしたくわでん。まだまだいろんな危険が待ち受けてるけど、持ち前の負けん気で乗り越えていくんだよ!

投稿: くわでん | 2011年6月24日 (金) 00時12分

くわでんさんこんばんはです。
今日も暑かったよ〜・・・で、明日は寒いらしいです(汗)

ウシガエルの食欲って、本当にスゴいですねえ!
でも、逆に駆除方法が見つかったかも・・・
ルアー+ギャング針でいけそうな気がして来ました。
You Tubeでそういう画像が結構アップされていて、参考になったんですけど・・・
どれを見てもあらためてウシガエルの貪欲さに驚かされました。

しかし、ヒヨひなも逞しい!池に落ちたやつは本当に瀕死だったんですよ。
それが拭いて手で温めただけでバッチリ復活!
手を出してしまったので心配だった親の育雛放棄もありませんでした。
ある意味親も逞しい!一日保育に預けた位のつもりですかね(笑)

投稿: ぐりお | 2011年6月24日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/40509596

この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ちと雷雨の一夜:

« 定位置 | トップページ | 流星花 -オカトラノオ- »