« 初夏の顔ぶれ | トップページ | 菜亀 »

葉巻の殺し屋 -シオヤアブ-

今日は少し過ごしやすくて・・・30℃行きませんでしたからねー。
まあこの時期はそれが普通な訳ですが、何しろ今年はここまで暑過ぎました。

写真の昆虫、シオヤアブといいます。
夕方に撮影したのですが、これは地中から羽化して出て来たところです。
だから毛並みもぴっかぴかです。
この時期庭のあちこちで夕方から朝にかけ
成虫の羽化〜地上脱出が見られ、
翌朝には前半分だけ土の中から突き出した脱け殻が見つかります。
広義のアブの仲間ですが、人や獣を刺す様な昆虫ではなく、
他の昆虫を捕まえて体液を吸う、虫的な目でみれば殺し屋の部類です。

エサを捕まえるのは飛行中が多いです。
当然獲物も飛行中・・・
それを捕まえるのですから飛ぶのが速く、上手でなければいけません。
実際に飛行が上手いんですよ。トンボみたいなスピードです。
体型もほっそりスマートでトンボチック。それから複眼が良く発達していて、
これまたトンボの眼に似たものがあります。

でも決定的に違う点がふたつ・・・ひとつは翅の枚数。
トンボの翅は4枚ですが、アブの仲間のシオヤアブは2枚。
後翅が退化し、翅痕というものになっていて、
飛行中に姿勢を微妙に制御するスタビライザーのはたらきをします。
もう一つの大きな違いは口のつくり。
トンボには左右に開く顎があって、獲物はむしゃむしゃと食べますが
シオヤアブの口はハエに近い舐め吸う口です。
それがちょうど顔の黄色い毛の中からにょきっと突き出していて,
「サングラスに葉巻」みたいに見えます。
そこだけみると何とも殺し屋らしい風情なんですが、
ふわふわの毛並みがかわいらしく、アンバランス〜(笑)
オスだけに見られる尾端の真っ白な束毛もかわいいですよね。

子どもの頃はさして興味の湧かない昆虫でしたが、
今頃になってちょっと気に入ってる庭キャラのひとつなんです(笑)

Shioyaabu110702

|

« 初夏の顔ぶれ | トップページ | 菜亀 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
これ、シオヤアブっていうのね。
こちらにもなんか似たようなアブがいますよ~。
って普段は全然気にしてないので
全く別物かもしれませんが・・・・・・。(笑)
ぐりおさんって昆虫に詳しいですよね。
気軽に行ける距離だっらレクチャー受けたいですよん。

投稿: こー | 2011年7月 4日 (月) 05時47分

こーさんどもっす!
この手のアブは何種類かいるんですが、
だいたいシオヤアブかムシヒキアブかアオメアブのどれかかな。
ムシヒキアブは「なんとかムシヒキ」にたいな近似種が数種類いますが・・・
虫を捕まえるアブって、あんまり知られてないですよね〜。

投稿: ぐりお | 2011年7月 4日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/40645552

この記事へのトラックバック一覧です: 葉巻の殺し屋 -シオヤアブ-:

« 初夏の顔ぶれ | トップページ | 菜亀 »