« 食用でしたが | トップページ | 脱皮のあとさき »

池の潤夏2011

Ike2011junka

Ike2010jul

昨日から台風6号の影響が出始めました。
といっても昨日吹いていた南風は朝に一旦止み、蒸し暑いだけになりました。
昨夜は最低気温が26℃。熱帯夜でした。その余熱のまま晴れたので
朝の涼しさが感じられず、すごーく損した気分です(笑)
しかしそれもつかの間、南風が強まって久し振りに雲に覆われ、
夕方からはぽつりぽつりと、慰めにもならない程度の雨が落ちて来ています。

今日は池の定点撮影。
上が今日の画像、下が昨年のものです。
何度か書きましたが、池の水が白濁しているのがよくわかります。
原因の一つはドブガイの精子球。
以前このブログで精子胞と記述しましたが、精子球が正しいみたいですね。
しかし、どうも白濁の原因はそれだけではないようです。
まだ特定できてはいませんが、
どうも白濁の具合と珪藻類の発生がリンクしている様です。
池の中の生物への悪影響は全く見られないので、
とりあえずそのままにして様子を見ています。

もう一つ例年と大きく異なるのがジュンサイの不作。
これはジュンサイハムシの大発生が原因です。
なにしろジュンサイが水面に葉を出そうものならよってたかって
穴だらけにしてしまいますから、ほとんど水中の葉しか無い状態です。
もしかしたらこれで水温が上がりやすくなっている事も
白濁と関係あるのかもしれません。

水が濁って魚が獲り辛いと思うのですが、カワセミは相変わらず日参中。
一回の来訪で、たいていモツゴを1匹捕まえます。大したもんだ!
この週末から、クヌギがカブトムシで賑わい始めました。
「ようやく」って感じです。
長かったノコギリクワガタの天下も雲行きが怪しくなり、
いよいよ戦国時代の到来となりそうです。

それにしても昆虫は軒並み遅れている感じですね。
ニイニイゼミはだいぶ増えましたが、ヒグラシはまだ少なく、
アブラゼミ、ミンミンゼミはまだ聞いていません。
春の低温で遅れたダイヤは
真夏になってもまだ取り戻せていないようです。

|

« 食用でしたが | トップページ | 脱皮のあとさき »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。いつもありがとうございます。
日曜日、雪入山昆虫観察会へ行って来ました。でもあまりの暑さに野田のK先生の選択は隣の三ッ石山の雑木林でした。それでも暑くて暑くて、最後のまとめの時は山小屋を使いました。風通しの良い日陰の山小屋はそれでも33℃でした。外はどれくい暑かったのか?
セミはニイニイゼミの他にヒグラシの鳴き声をかすかに確認しました。
オオムラサキ、タマムシは目で確認しましたが、採集には失敗しました。今年、ちょっと不調です。素振りしないと…。
三郷のそば屋が取り壊されて無くなってますが、廃業ですか?直してるか拡大するのかなと思ってましたが、とうとう空き地になってしまいました。
調査してみます。

投稿: かぶと小僧 | 2011年7月19日 (火) 19時19分

かぶと小僧さんこんばんは!
暑かったですもんねえ、日曜日は!!
当地でも36℃を記録しています。
オオムラサキは飛行達者なチョウで、スピード、運動性能ともに
日本のチョウでもトップクラスではないでしょうか。
学生時代、長野の山道で道沿いに降りて来るオオムラサキをとろうと
随分苦心しました。結局一人では上手く行かず、
生物部の仲間2人と3人縦列になって、
アミを急旋回でかわすオオムラサキを時間差で採る方法を編み出しました。
奇しくもファーストガンダムで黒い三連星がやった
ジェットストリームアタックです(笑)

三郷の天徳は新築して店を少しこじんまりするそうです。
再開は早ければ11月になるみたいですね。
営業最終日の6月半ばにしばしの食べ納めをしてきましたよ。
営業再開・・・そして今年の新そばが、今から楽しみです。

投稿: ぐりお | 2011年7月19日 (火) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/40862804

この記事へのトラックバック一覧です: 池の潤夏2011:

« 食用でしたが | トップページ | 脱皮のあとさき »