« 葉巻の殺し屋 -シオヤアブ- | トップページ | 稚魚の食性 -ゼニタナゴ- »

菜亀

まったく参りましたよ、今日の大風!
暑いのに土ぼこりがスゴくて窓を開けられません。
降ってませんからねーあんまり・・・
閉め切るとさすがにもの凄い室温になってしまう訳ですが、
出来るだけエアコンは使うまいと、結局窓を開けて風を通しました。
なもんで今、足元の床はザラザラ・・・ひどいもんです(泣)
節電意識をくじく様な意地悪なお天気でした。

写真は昨日土浦市の桜川の畔で見かけた小さなカメムシ、ナガメです。
名前の通り菜の花に類するアブラナ科の植物が大好きで、
写真の4匹もご覧の通り、枯れてまるっきり乾ききってしまった
セイヨウカラシナの果実にくっ付いています。
こんなんで吸汁できるのか心配ですが、
ダメなら他を探して飛び立つのでしょうね。

右の交尾中の2匹は言うまでもなく成虫のオスとメス。左がオスですね。
左から2番目の個体はちょうど脱皮中。
最後の幼虫から成虫への脱皮です。飛行可能な長い翅が見えますね。
本来の体色になる前は、こんな薄オレンジ色なのですねえ。
そういえば同じカメムシの仲間であるタガメも、脱皮直後はこんな色でした。
一番左の個体はまだ幼虫ですが、いかにも体の内圧が高まってる感じで、
程なく成虫へと脱皮することでしょう。

ところで、この虫は菜にいるカメムシなのでナガメ。
カメムシの仲間にはこういうネーミングが多く見られます。
さっきも書いたタガメですが、こちらは田にいるカメムシの意味。
よくものの本やウェブサイトでタガメの名の由来として
「田にいる亀」という説明が載っていますが、これは正しくありません。
亀みたいな形の昆虫ってことでカメムシなのですから、
タガメはやはり「田にいるカメムシ」です(笑)
だいたい、田にいる亀って・・・田にはクサガメとか普通にいるし・・・

まあ、大したことではないけれど、
それこそちょっとした虫屋のこだわりでした(笑)

Nagame110703

|

« 葉巻の殺し屋 -シオヤアブ- | トップページ | 稚魚の食性 -ゼニタナゴ- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/40674318

この記事へのトラックバック一覧です: 菜亀:

« 葉巻の殺し屋 -シオヤアブ- | トップページ | 稚魚の食性 -ゼニタナゴ- »