« また撮り逃した! | トップページ | 久し振りの入笠山2 »

久し振りの入笠山1

Kujakuchou110817

早朝に自宅を出発。長野県南東部の入笠山に出掛けました。
入笠山は標高が1955メートルと、2000メートル以下の山ですが、
なんと山頂にほど近いところまでマイカーで辿り着ける山なんです。
車で行ける最高標高地点には数件の宿泊施設があり、
山頂までは概ね20〜25分でひょいと登れます。

そんなお手軽な入笠山ですが、じつは周囲の名峰を眺めるのに
最適の山でもあります。
富士山はもちろん、南アルプス連峰、八ヶ岳連邦、
遠くには中央アルプス、そして北アルプスまで望めます。

じつは高校時代から何度となく訪れているのですが、
高校時代は天体望遠鏡を担いでの登山。
そう、ここは天体観測のメッカでもあるのです。
今回宿泊するマナスル山荘新館も立派な天体観測ドームをはじめ
充実した天体観測の機器・設備を持ったそのスジでは著名な山小屋です。

もっとも今回は特にこれといった目的があった訳ではなく、
久し振りの入笠山を楽しみたいという程度です。
まあ、少し避暑の意味合いもあったのですが、これはやはり期待はずれ。
山の上でも25℃を超え、標高ほどには涼しくありませんでした。

でも、期待していたチョウにはちゃんと出会えました。
上の写真の美しいタテハチョウ、クジャクチョウです。
関東平野でお目にかかる事はまずありませんが、北国ややや高い場所では
なんちゅう事ない普通種です。
でも、久し振りに見たその姿は、やはり目が覚める様な美しさでした。
これ見ただけでもう目的の半分は達成したようなもの。

撮影したのは車で走れる登山道の途中にある大阿原湿原です。
小さな湿原ですがここがまた大好きな場所でして・・・
でも、久し振りに出掛けた湿原は立派な木道が整備されていて驚きました。
一瞬古びた木道にはり付いていたモウセンゴケが心配になりましたが、
オオミズゴケの中に点々と健在。安心しました。

Mousengoke110817

Ooabarashitsugen

|

« また撮り逃した! | トップページ | 久し振りの入笠山2 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/41282727

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの入笠山1:

« また撮り逃した! | トップページ | 久し振りの入笠山2 »