« 桃雀 | トップページ | 今宵は月光浴 »

侵入者開花!

Fujikanzou_up

今日は暑くなりました。最高気温は久々に33℃に達しています。
でも、秋の訪れは意外に早いのかもしれません。
池のゼニタナゴの産卵を一昨日(9/8)に確認しています。

庭の草花もすでに秋の種類が中心になっていて、
ハギやオミナエシが満開に近いのでススキと一緒に生けたいと思ったら、
肝心のススキはまだ穂が見えませんでした。
「彼岸の庭を赤く彩りたいなあ」と思い、
昨年一角にヒガンバナを植え足したのですが
その中から気が早いものがもう咲いちゃってます。
他の多くの株はまだ動きも見えないのに・・・(笑)
そういうことが起きない様に「同産地同系統ですよね」と確認して
球根を購入したはずなのですが・・・(K華園さあ〜ん:笑;)

さて、写真はクヌギの下で初開花となったマメ科の多年草、
フジカンゾウの花です。
マメ科らしい典型的な蝶型花で、大きさはヤマハギよりわずかに大きい位。
ただ花序がハギ類と異なるスティック状で、
そこがちょっと風情に欠けるかな(笑)
花そのものはとてもキレイです。

このフジカンゾウ、植えたものではありません。
この花の種は同属で種子が「ひっつき虫」のひとつとしてよく知られる
ヌスビトハギの種子と同様、人の衣服や獣の体表にくっ付いて運ばれます。
庭に持ち込んだ犯人は私自身の可能性が高いように思われます(笑)
出所は阿見町の小池城址公園かなあ・・・あそこは結構生えてますから。
下の写真を見ると、花序の途中のところどころに
メガネ型をしたひっつき虫ができ始めているのが見えますね。
種子の発芽率が高い植物なので、
これを放っておくと庭中フジカンゾウだらけになってしまいます。
ちょっと気の毒だけど、花が咲き終わったら花序だけ切り落として
フジカンゾウはこのひと株だけにしておく事にします。

↑って書いたのですが、なぜか2枚目の写真が「問題が発生しました」となり
アップできず・・・記事もアップしたつもりがされておらず・・・
やむを得ず1枚の写真で一日遅れの再アップとなりました。なんだかな〜・・・

|

« 桃雀 | トップページ | 今宵は月光浴 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
フジカンゾウってたくましいですね。
こちらでも、名前は分かりませんが、
フジカンゾウのような花の植物が
今時期、あちこちで群落を作ってますよ~。

・・・・・この間、たぶん、フタモンアシナガバチ
ってのに刺されました。
今期二度目です。(泣)
左腕が、ぱんぱんに腫れてますよ~。
草の間にあった蜂の巣に気が付かなく草を刈っちゃったようです。
巣は速攻で除去しましたけど、
マジ痛いですよ~。

投稿: こー | 2011年9月12日 (月) 06時34分

こーさんこんばんはです!
アシナガバチに刺された?二度目!?
アナフィラキシーショックとか大丈夫でした?

・・・いやそれはそれは災難でした。気を付けて下さいね〜。
アシナガバチは毒性分の量が少ないからよほど過敏な人でない限り
重症にはならないですが、アシナガバチで出来た抗体反応は
スズメバチでも起動するのでほんとに注意して下さいね。

私は庭の枝切りをしていて、いつもイラガの幼虫にやられっぱなしです。
大きな終令幼虫にまともに刺されると、
猛暑の日でも毒のショックで冷や汗がとまらなくなります。コワいよ〜!!

投稿: ぐりお | 2011年9月13日 (火) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/41629172

この記事へのトラックバック一覧です: 侵入者開花!:

« 桃雀 | トップページ | 今宵は月光浴 »